ニュース

大学生(大阪)が詐欺容疑で誤認逮捕!冤罪事件の真実真相や賠償金は?【世界仰天ニュース】

1月21日放送のザ!世界仰天ニュース
で無実の大学生が突然逮捕された
事件について取り上げられます。

これは、いわゆる冤罪事件、
警察の誤認逮捕でありますが、
やはり無くなるものでは
ありませんよね。

それにしてもひどいですが、
今回は、なぜ大学生は
誤認逮捕されたのか。

冤罪事件の真実や
賠償金について紹介していきます。

大阪の男子大学生はなぜ誤認逮捕された?

無実の男子大学生が詐欺容疑で4回も逮捕!

事の発端は、2018年7月30日。

大学生は、大阪市内で
大津北署の刑事3人に呼び止められ
突然逮捕状を見せられました。

大学生には全く心当たりがなく
「え、どういうこと?」
「身に覚えありません」
と答えたそうですが、

「分かった分かった。
あっち(大津)で話を聞くから」と
手錠を掛けられました。

容疑は、共謀し高齢者から
現金計200万円をだまし取った疑い。

大学生は、無実でありながらも
逮捕されてしまったのです。

大阪の大学生はなぜ誤認逮捕された?

では、なぜ男子大学生は
逮捕されてしまったのか。

それは、大学生が
「共犯者」の知人らの供述によって
特殊犯罪の「上位役・指示役」に
させられていたからでした。

虚偽供述というものですね。

詳しく説明すると、
(※登場人物は大学生・知人・少年)

実際に犯罪を犯していた
「共犯者」の知人とは、
アルバイトを通じて知り合ったが
詐欺グループの一員とは知らず
関わりを持っていました。

「共犯者」の知人は、
大学生の逮捕前の5月に
詐欺容疑で県警に逮捕されていました。

知人は調べの途中で
「大学生から詐欺の仕事を
紹介され、報酬をもらった」と
供述を変えていました。

また、同時期に県警に逮捕された
もう1人の「共犯者」の少年も、
7月に「男性にアドバイスを受けた」
といった内容の供述を始めました。

その結果、大学生は
濡れ衣を着せられて、7月30日
逮捕されてしまったのです。

アルバイトの知人に
詐欺犯罪者がいたなんて、
防ごうにも防げませんよね。

スポンサードリンク

冤罪事件の真実・真相は?滋賀県警の取り調べもひどい?

誤認逮捕に至るまでと
誤認逮捕に至った後、

この冤罪事件には
信じられないような
真実・真相がありました。

冤罪事件の真実・真相は?

「共犯者」の知人が
「大学生から詐欺の仕事を
紹介され、報酬をもらった」

と供述を変えたこと自体は、
ハッキリとはわかっていませんが

その後、「共犯者」少年が
「男性にアドバイスを受けた」
と供述を変えたのには
理由がありました。

というのも滋賀県警と大津地検は
少年に、知人の供述内容を
詳細に伝えていたのです。

当初、少年の方は犯行計画について
「いつも前日に知人と打ち合わせを
していた」と話していました。

しかし地検が少年に
「『知人は大学生宅で大学生も一緒に
話し合った』と言っている」と
教えた後に少年が供述を変えたのです。

つまり県警と地検は、「共犯者」の
虚偽供述を別の共犯者に伝え
供述を引き出すといった手法で
有罪と決めつけ逮捕したのです。

そもそも、知人の供述には
客観的な証拠がないにも関わらず。

こういった話を聞くと、
氷山の一角なんだろうな
と思ってしまいますよね。

滋賀県警の取り調べもひどい?

大学生は逮捕され、
取り調べを受けたのですが、
答えることがないので、
黙秘をしていました。

すると

  • 「なんで黙秘すんねん。やってるからやろ」
  • 「しゃべれや、うそつくなや」
  • 「詐欺は長いぞー、4回は逮捕されるな」

などと追及されたといいます。

それでも大学生は黙秘を続け、
その結果、担当の刑事は居眠り。

「調べることがないなら終わって」
と大学生が起こすことも
あったみたいです。

取り調べの追及に関しては
最早、脅迫に近いですよね。

こういった取り調べも警察にとっては
当たり前になっているんだなと
思わざるを得ませんな。

次ページ|裁判の判決や賠償金は?

1 2