赤いバンダナの男はウェルズクラウザーの現在と9.11の行動や真実は?【世界まる見え】

こんにちはMATSUです。

2001年9月11日に

世界を震撼させた

アメリカ同時多発テロ。

とても恐ろしい事件だったわけですが

その911テロの裏で

多くの命を救った赤いバンダナの男が

世界まる見えで取り上げられます。

その名も、ウェルズ・クラウザー
(Welles Crowther)

煙や炎が迫る世界貿易センターの

ビルの内部で、人々を先導し

脱出の手助けをしていた人物です。

今回は赤いバンダナンの男が、

一体どんな人物だったのか

調べていきます。

スポンサーリンク

赤いバンダナの男とは?実在する?

今回、世界まる見えで

赤いバンダナの男が

紹介されるのですが、

以前にもテレビなどで

取り上げられています。

例えば2012年の

世界仰天ニュースでは

同時多発テロから5年が経った
2006年9月9日、奇跡の生還者という
タニア・ヘッドという女性がいた。

タニアが姿を現したは2003年、
外交官の娘で高学歴な才女として
テロ生還者の前で語った。

それによるとワールドトレードセンターサウスタワーで
当時仕事をしていたタニアは
凄まじい状態の中、
赤いバンダナのヒーローと
言われたウエールズ・クラウザーという
名誉消防士に助けられ、
5日間の昏睡状態から目を覚ました。
そしてタワーで見つけた指輪を手がかりに
夫を失った女性の元へ行き、
当時の様子を語った。
しかし、この壮絶な体験はなんと嘘だった。

このような放送内容

だったのですが、嘘というのは

19人目の生還者タニアヘッド
(アリシア・エステベ・ヘッド)

の証言が嘘ということで

赤いバンダナのヒーローは

実際に現場にいました。

スポンサードリンク

赤いバンダナの男 ウェールズクラウザーの9.11で人々の命を救った行動とは?

2001年9月11日に起きた

アメリカ同時多発テロ事件

通称9.11テロ。

ハイジャックされた

4機の飛行機のうち2機が

ワールドトレードセンター(WTC)

の北棟93階-99階と

南棟77階-85階に突入しました。

事件発生時、赤いバンダナの男

ウェールズクラウザーは、

南棟104階にいました。

南棟に飛行機が突入したあと

ウェルズクラウザーは

78階のスカイロビーに向かいます。

78階のスカイロビーでは

避難のためエレベーターを

待っていた数百人が即死、

または重傷を負っていました。

また、現場は煙や炎が充満し

生存者はパニックで、

どうすればいいのか

収拾がつかない状態だったのですが

そこに現れた、ウェルズが

他人を助けるために

消防士のような働きをしたのです。

その時、ウェルズは鼻や口を

赤いバンダナで覆っていたため

赤いバンダナの男と

名づけられたのですが

ウェルズ自身も、かなりのストレス

がかかっていたであろう事態の中

リラックスした様子で英雄のように

振る舞ったそうです。

それが生存者を落ち着かせ

結果的にウェルズは

スカイロビーに3回行き、

燃える建物が崩壊するまで

多くの人を救いました。

スポンサードリンク

赤いバンダナの男 ウェルズクラウザーのwikiプロフィールは?

それでは、この赤いバンダナの男

ウェルズクラウザーとは

一体どんな人物なのか。

  • 名前:ウェルズ・レミー・クラウザー
    (Welles Remy Crowther)
  • 生年月日:1977年5月17日
  • 出身:アメリカ ニューヨーク
  • 学歴:ボストン大学
  • 職業:株式トレーダー

3人兄妹の長男として生まれた

ウェルズクラウザーは、

小さい頃から、よくできた子共で、

サッカー、野球、アイスホッケー、

ラクロス、スキー、テニスなど

様々なスポーツを嗜む青年でした。

16歳の時には、

消防士のボランティアに参加し、

18歳の時にはニューヨーク州の

火災救助訓練プログラムを

完了しています。

ボストン大学では4年間

ラクロスをプレーし、

1999年に経済学の学位を取得。

卒業後は

Sandler O’Neill&Partnersに入社。

株式トレーダーとなりました

この会社の事務所が

ワールドトレードセンターの

104階にあり、テロ発生時

ウェルズは事務所にいたそうです。

消防士として訓練を受けていた

時期があったからこそ、

テロ発生現場で、消防士のように

振る舞えたのでしょうね。

また友人や家族によると

「他者への配慮」はウェルズの

性格の特徴の一つだったとのことです。

スポンサードリンク

赤いバンダナの男 ウエールズクラウザーの現在は?

では、9.11テロで

赤いバンダナの男と呼ばれた

ウエールズクラウザーの現在ですが

9.11の時に、

亡くなってしまっています。

事件の約6か月後

2002年3月19日に

救助隊員たちが崩壊した階段の下に

ウェルズの体があるのを発見しました。

当時24歳、その若さで、

自分の身の危険を顧みず

他人の命を助けるために

行動を起こしたウェルズは

今もなお、英雄のように

語り継がれています。

母校であるボストン大学では

毎年10月にWelles Remy Crowther Red Bandana Run

という名の5㎞のロードレースが

開催されていたり、

2017年には「Man in Red Bandana」

というドキュメンタリー映画が

制作されています。

またウェルズの両親は

ミシガンの財団の支援を受け、

Red Bandana Projectを設立。

教室やスポーツチームなど

青少年に向けて

登場人物(ウェルズ)の展開を

講演しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kiko より:

    こんばんは。初めまして。
    こちら遺品の中にあるものが、、、という感じでCMだったと思うのですが
    肝心なところを見逃してしまいました。
    何があったのか教えてもらえたら助かります。

    • エン、タメになる より:

      ウェルズさんの遺品の中には、ニューヨーク市消防局への書きかけの願書があったそうです。
      ウェルズさんは転職して、父親と同じく消防士になるつもりだったようです。

      ウェルズさんは、よく「お金だけがすべてじゃない、人生にはもっと大切なことがある」
      と言っていたそうです。

      またこのウェルズさんの勇敢な行動から
      アメリカでは我が子にウェルズさんに、ちなんだ名前を
      つける現象が起こりました。