猿田和三の高校や大学時代の成績は?プロにならなかった理由は?長嶋一茂が勝てなかった天才打者!

こんにちはMATSUです。

皆さんは、猿田和三(さるたかずみ)さん

という方をご存知でしょうか?

9月30日放送の消えた天才

にも取り上げられますが

猿田和三さんは

長嶋一茂さんが大学日本代表時代、

絶対に勝てなかった天才打者と評した方。

それほどまでの方が

なぜプロにならなかったのか

疑問ですよね^^

ということで今回は、猿田和三さんの

高校や大学時代の成績や

プロにならなかった理由など

調べていきたいと思います。

一体どんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

猿田和三さんの高校や大学などプロフィール!

  • 名前:猿田和三(さるたかずみ)
  • 生年月日:1963年
  • 年齢:54~55歳
  • 出身:秋田県秋田市
  • 高校:秋田高校
  • 大学:慶応義塾大学
  • 職業:秋田県庁勤務
  • ポジション:サード(三塁手)

秋田県出身の猿田和三さんは

三兄弟の末っ子として誕生しました。

兄が野球をやっていたことで

おのずと猿田さんも小さい頃から

野球をするようになります。

そして小学生の頃、一番上の兄が

甲子園出場を決めた瞬間を見て感動。

その時、自分も高校に進学し

甲子園に行きたいという

目標が出来だそうです。

兄と同じ秋田高校に進学した後は

野球学校といってもいいほど

野球漬けの毎日。

しかし残念ながら、甲子園出場は

していないと思われます。

(高校時代の成績については
情報がありませんでした、、。)

高校野球にすべてを捧げていた

猿田さんは浪人も仕方なしと

勉強などしておらず、

2浪して慶応義塾大学に進学します。

長嶋一茂さんに唯一勝てないと

思わせた猿田さんですら

甲子園に行っていない。

甲子園への道は厳しいということが

改めてわかりますね。

スポンサードリンク

猿田和三さんの慶応大学時代の成績は?

1年生の時から立教大学で

レギュラー入りし

4年生で日本代表入りすると、

古田敦也さんや野村謙二郎さんらを

押しのけ4番の座に就くほどの選手

だった長嶋一茂さん。

そんな長嶋一茂さんが

大学時代に唯一勝てなかったと

いう天才打者の猿田和三さん。

これだけで相当凄い選手

ということがわかりますが、

一体大学時代にどのような

成績を残していたのかというとこちら

  • 1986年…東京六大学秋季リーグ 首位打者&ベストナイン
  • 1987年…東京六大学春季リーグ 優勝 ベストナイン
  • 1987年…全国大学野球選手権大会 優勝
  • 1987年…日米大学野球 主将

猿田さんは、慶応大学でも、

日米野球でも主将を務めています。

そして慶応大学を24年ぶりとなる

日本一に導いていますので

相当なリーダーシップ力があった

事がわかります。

当時のオールジャパンメンバーは

そうそうたる顔ぶれで

以下のメンバーがいました。

  • 大森剛(巨人)
  • 武田一浩(日ハム)
  • 渡辺正和(ダイエー)
  • 古田敦也(ヤクルト)
  • 長嶋一茂(ヤクルトー巨人)
  • 矢作公一(日ハム)
  • 野村謙二郎(広島)
  • 大豊泰昭(中日)
  • 大塚孝二(西武)

後にプロ野球で活躍をしている

選手たちの中から猿田さんが

キャプテンに選ばれていますので

野球の技術もさることながら

精神面も凄い人

何だろうなと思いますね。

ではなぜプロ野球に

行かなかったのでしょうか。

スポンサードリンク

猿田和三さんはなぜプロにならなかった?理由は?

1987年に行われた日米野球。

アメリカで行われたこの大会は

5試合のうち先に3勝した方が

優勝というシステムでした。

結果的には日本は3連敗をし

負けてしまったわけですが

猿田さんは第4戦に、

この大会で日本唯一の

ホームランを放ったのです。

しかも、それは代表を勝利へと導く

逆転サヨナラスリーランホームラン。

当時、日米野球でホームランを放った

猿田さんはテレビから

取材を受けるなど大注目。

しかしドラフト会議で名前を

呼ばれることはありませんでした。

その理由については、番組で詳しく

語られるとは思いますが、おそらく

持病である椎間板ヘルニアが

懸念されたのかもしれません。

猿田さん自身も

『秋田県のために働きたい』

という考えがあったと思われるので

ある意味良かったのかもしれません。

現在、猿田さんは秋田県庁の職員

をされていて

秋田を元気にするための

施策に取り組んでいます。

スポンサードリンク

猿田和三の高校や大学時代の成績は?プロにならなかった理由は?長嶋一茂が勝てなかった天才打者!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、長嶋一茂さんが勝てなかった

天才打者の猿田和三さんに

ついてでした。

プロ野球に進んでいたら

どんな選手になっていただろうと

想像してしまいますが、

大学時代に日本一に輝き、

日米野球でもホームランを打った。

もしかすると、野球はやり切った

という思いもあったのかもしれませんね。

秋田県のために頑張る猿田さんの

今後の活躍にも期待です。

金足農業フィーバーはかなり

嬉しかったでしょうね(笑)

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする