アーティスト

下村一喜(写真家)の経歴や出身大学や作品は?結婚した妻はいる?

今回は写真家の
下村一喜(しもむらかずよし)さんに
注目していきたいと思います。

『徹子の部屋』にも出演経験のある
下村一喜さんは
「美しい女優達をより輝かせる」との評判で
大物女優達のご指名も絶えないカメラマン。

日本の大女優に限らず、海外の
アーティストの作品も多く手掛けています。

そこで今回は下村一喜さんの
経歴や作品、結婚についてなど
紹介していきたいと思います!

下村一喜のwiki風プロフィール

shimomurakazuyoshi
出典http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0003/index.html

プロフィール

名前:下村一喜(しもむらかずよし)
生年:1973年
年齢:46~47歳(2020年9月現在)
出身地:兵庫県宝塚市
出身大学:多摩美術大学

下村一喜さんは小さいころから
美しい物が好きで
よく絵を描いていたそうです。

お母様は国際線の
CA(キャビンアテンダント)だったそうで
母からは海外の話などを聞いて育ち、
その影響も受けているようです。

また、写真家になるきっかけというのは、
大学在学中、映画監督になりたいと
思っていたのですが
授業で写真を撮る機会があり、

そこで写真は止まった映画なんだ
ということに気付き、21歳の時から
写真家として活動するようになりました!

また下村一喜さんはゲイ、
今で言うところのジェンダーレスで
そのおかげで男性・女性どちらのことも
ニュートラルに観察出来て
作品に良い影響を与えているとも話されています。

オネエの人って、本当に
才能ある人が多いですよね!

下村一喜の経歴が凄い!

では下村一喜さんの経歴を見てみましょう!

大学卒業後、1997年にAVGVSTに所属。

2002年には渡仏し、フランスの
「madame FIGARO」誌と契約し
日本人写真家として初めてイギリスの
「THE FACE」の表紙を飾るなど
ヨーロッパで活躍しています。

その後、2006年に帰国し
国内外の広告や雑誌、
アーティストのCDジャケットを手掛ける。
(海外は、ビヨンセやテイラー・スウィフト等)

映像分野ではCMや、土屋アンナさん、
浜崎あゆみさんなどのPV監督を
務めていたことも。

ちなみに下村一喜さんが手がけた
浜崎あゆみさんのPVは

  • Green
  • Mirrorcle World
  • Sparkle
  • Lady Dynamite

2014年には宝塚歌劇団の
100周年記念作品

  • 「エリザベート」
  • 「ロミオとジュリエット」
  • 「ベルサイユのばら」

の総合ヴィジュアルを担当。

蜷川実花監督作品の映画
「ヘルタースケルター」に出演し
役者としてもインパクトを残しました。

2015年に
東京都現代美術館に請われ
「山口小夜子展」に作品を発表。

松本貴子監督のドキュメンタリー映画
「氷の花火 山口小夜子」にも
時代の証言者として出演。

これだけの経歴を見ると、
日本が世界に誇るフォトグラファーと言えますね!

下村一喜さんの名前を知らなくても、
下村一喜さんが撮った写真のどれかは、
1度は目にしているでしょう!

次ページ:下村一喜は結婚してる?

1 2