矢野健夫(空中撮影家)の年齢、経歴や結婚などwikiプロフ!職業は社長で年収は?【モノシリー】

こんばんは!

皆さんはスカイダイビングや

パラグライダーをしたことはありますか?

落ちるだけで必死になりそうですが

そんな中、カメラを構え映像を撮る

モーターパラグライダーカメラマンの

矢野健夫(やのたてお)さんが

1月26日放送のモノシリーに出演します。

調べてみると矢野健夫さんは

超低空飛行撮影という新しい

撮影方法を創り出した凄い人でした。

そこで今回は矢野健夫さんの

結婚や職業など調べてみました。

目次
1.矢野健夫のwiki風プロフィール
2.矢野健夫の経歴は?
3.矢野健夫は結婚している?
4.矢野健夫の職業は社長?
5.矢野健夫の年収、収入は?

スポンサーリンク

矢野健夫のwiki風プロフィール

出典http://profile.ameba.jp/yanoshot/

名前:矢野健夫(やのたてお)

生年月日:1952年1月3日

年齢:66歳

出身地:高知県

職業:飛行撮影家
モーターパラグライダーカメラマン

健夫とかいて、”たてお”と読むんですね!

最初”たけお”と読んじゃってました。

矢野さんはモーターパラグライダーを

操縦し、人が入れない場所

ヘリコプターなどが入れない場所など

様々な場所を空中から撮影している人。

そんな矢野さんですが

小さい頃から飛行機というものに魅せられ

大学生の頃にはパイロットを

目指していたそうなんです^^

しかしながら視覚試験で不合格に。

その後、一度はインテリアデザイナー

として働いたそうですが、趣味で

モーターパラグライダーをやっていたそうです。

スポンサードリンク

矢野健夫の経歴は?

インテリアデザイナー、

そしてラジコンヘリコプター
での空撮を経て、

モーターパラグライダーでの撮影を

始めた矢野さんですが

2001年には

世界初となるモーターパラグライダーと

ハイビジョンカメラを駆使し、

超低空飛行撮影というこれまでにない

新しい映像世界を創り出した人でもあります。

両手で操縦しながら映像を撮る

だけでも凄いのに

低空飛行という技術。

これは相当な練習をしなければ

できないと思いますね。

低空飛行の映像は地面すれすれで

まるで自分が飛んでいるかのように

感じる映像になっていて、

矢野ショットなどと呼ばれたりもしています。

2017年には人生最後の挑戦として

総距離8000キロに及ぶ

日本一周を挑戦しました。

スタートの鹿児島の映像。

ただ高い所から撮影するのではなく

所々で、矢野ショットと呼ばれる

低空飛行の映像も交えてくれているので

楽しめますよね^^

本当に自分が飛んでいるよう。

スポンサードリンク

矢野健夫は結婚している?

空中撮影って危険と隣り合わせですし

そんな矢野さんを支える妻は

いるのかな?と調べてみましたら

サチヨさんという奥様がいました

幸代さんは、地上から

撮影のサポートをしているみたいです。

危険な撮影ですから事故などの経験もあり、

矢野さんはこれまでに10箇所以上は

怪我をしているそうです。

そんな怪我があっても撮影を続けているのは

もちろん空に魅せられたからという理由も

あるとは思いますが、

幸代さんの存在も大きいと思いますな。

矢野健夫の職業は社長?

矢野さんは株式会社バードアイズ

代表取締役をされています。

そしてこれまでに

ドラマのタイトルバックの映像や

CMの映像など

様々な撮影をしてきています。

インテリアデザイナーというのは

もともと家業だったみたいなのですが

空中撮影の道に進んだんですね!

スポンサードリンク

矢野健夫の年収、収入は?

矢野さんは空中撮影家ということで

撮影費が収入になると考えていいでしょう。

で1回の撮影にどれくらいの値が付くのか

ということですが、

矢野さんが飛行撮影を始めた時

日本には他に飛行撮影家の人って

いなかったそうなのです。

なのでギャラというのも、

矢野さんの言い値で、その値段は、

矢野さんいわく、およそ150万円くらい。

高いのか、安いのか

相場というものがわからないので

判断できないのですが、

  • ヘリなどでは撮影できない景色
  • 普通の人が見られない景色
  • 命の危険がある

ということを考えると

それくらいするのかなという感じですな。

また矢野さんが撮影した景色のDVDも

販売されていて、物販の収入もあります。

DVDは4000円とかなので

150万を知った後だと安く感じますね笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は空中撮影家の矢野健夫さん

について調べてみました。

モノシリーというより、スゴイおっちゃん。

歳を重ねたということもあり

2017年に人生最後の挑戦ということで

日本一周を始められましたが

どうなったんでしょうね?
(情報がなかったです。。。)

近年ではドローンも普及してきましたし

空中撮影家という人は

どんどん少なっていくかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする