山本康夫(ヤマロク醤油)の経歴や大学!どこで買える?評判と購入方法を調査!【アンビリ―バボー】

みなさんこんばんは!

あらゆる分野での職人が減り続けている

問題って結構深刻ですよな。

まぁかく言う私も職人として

働くという選択肢はなかったですが。

さて1月18日放送のアンビリ―バボー

ヤマロク醤油五代目山本康夫さんが

出演します。

ヤマロク醤油は香川県の小豆島にある

醤油メーカーなのですが、昔ながらの

製造方法でいま脚光を浴びています。

そこで今回は山本康夫さんの

経歴や大学、ヤマロク醤油について

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

山本康夫のプロフィールと経歴

出典http://yama-roku.net/yamaroku/about.html

名前:山本康夫

生年月日:1972年

年齢:45歳

出身地:香川県小豆島

職業:ヤマロク醤油 五代目

香川県小豆島出身の山本さん、

高校は小豆島にある

小豆島高等学校が出身校。

高校卒業後は小豆島を離れ

名古屋学院大学に進学しましたが

都会に行ったことで、小豆島の良さに

気付き、大学卒業後は小豆島の

加工食品会社に就職したそうですな。

今ではヤマロク醤油を継いでいますが

最初は四代目である父親に

儲からないから継がなくていいと

言われたみたい。

ちなみに結婚されていて

子供も3人います^^

スポンサードリンク

ヤマロク醤油の評判は?

現在、脚光を浴びている

ヤマロク醤油ですが、

四代目までは経営不振だったようですな

29歳でヤマロク醤油を継いでから

自ら営業するのではなく

お客さんに買いに来てもらう

という逆転の発想で

倒産の危機を救ったみたいです!

現在はかなりの評判で

年間2万人以上の人が

小豆島のヤマロク醤油に訪れる

人気スポットにまでなってます。

というのもヤマロク醤油は

伝統の木桶による製造方法で

醤油を作っていて

さらに蔵も見学できるというので

観光客が訪れるのも納得です。

(蔵を見学する前には納豆厳禁です)

木桶で作り続ける理由としては

単純に木桶で作った方が美味しいから

消費者も高級志向になってきていますし

評判がいいのもわかりますね。

スポンサードリンク

ヤマロク醤油はどこで買える?

一般の醤油に比べて

長い年月をかけ作られる醤油

一度は使ってみたいですよね!

ミシュラン3つ星のすし店

でも使われるほどですからね^^

ヤマロクで作っている醤油は

2種類で

  • 鶴醤(つるびしお)
  • 菊醤(きくびしお)

どちらも普通に売ってる醤油よりは

少し高いですが鶴醤は熟成に2年ですし

手間暇がかかっているのを考えると

安いと思えますね。

ヤマロク醤油に直接買いに行くか

職人醤油の販売サイト http://www.s-shoyu.com/
(100ml専用の販売サイト)

または楽天やアマゾン

買えることが出来ますので是非!

木桶の数が決まっていて、それによって

出荷数が有限なので有名になるにつれて

購入しづらくなりそうですな!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はヤマロク醤油五代目の

山本康夫さんについて軽く

触れてみました。

私たちが普段使っている醤油と

どれ程違うのか、試してみたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする