塚本康浩(ツカモトさん)はダチョウ博士で経歴と大学や結婚(妻・子供)は?【激レアさん】

こんにちはMATSUです。

毎回激レアな人生を送っている

人物を取り上げる番組

激レアさん連れてきました。

10月2日放送の回は

人間界に背を向け、

鳥たちに人生を捧げた

ツカモトさんこと

塚本康浩(つかもとやすひろ)

さんが登場します。

塚本さんはダチョウ博士で、

ダチョウについて200億円を生み出す

世界初の大発見をした人。

塚本さんの経歴や大学

結婚した妻や子供について

調べてみたいと思います。

一体どんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

塚本康浩の経歴・wikiプロフィール

出典:http://dachou-koutai.com/profile.html

  • 名前:塚本康浩(つかもとやすひろ)
  • 生年月日:1968年
  • 年齢:49~50歳
  • 出身地:京都府
  • 学歴:大阪府立大学農学部獣医学科
  • 職業:獣医師、獣医学博士

小さい頃から鳥が好きだった塚本さん。

初めてのペットはスズメだったそうです。

小学生時代には桜文鳥も

飼っていたのですが、

小学6年生の時のある日、

悲劇が起こってしまいます。

お風呂に入るのも寝るのも

一緒だった文鳥の”クロちゃん”が

足元にいるのに気付かず

かかとで踏んで死なせてしまったです。

肛門から飛び出した内臓を前に

何もできなかった、その悔しさから

獣医になることを決意したみたいですよ。

今でも思い出すという、その出来事

寿命で亡くなるのでも辛いのに

自分のせいでと考えると

相当辛かったと思いますね。

そんな塚本さんはダチョウの研究をし

世界で初となるダチョウのタマゴから

「ダチョウ抗体」をつくり

取り出すことに成功。

この抗体は鳥インフルエンザの

ウイルスに強かったり、

がん治療に効果がある可能性も

あるそうなのです。

ダチョウにそんなポテンシャルが

あったなんて、、、でもたしかに

ダチョウは鳥類で世界一が多いです。

  • 世界一足が速い
  • 世界一背が高い
  • 世界一重たい
  • 世界一目が良い
  • 世界一卵が大きい
  • 世界一腸が長い

これを見ると、ダチョウの凄さが

わかりますね^^

スポンサードリンク

塚本康浩の大学(学歴)は?

小学校6年生の時の出来事から

獣医を目指すことを決意した塚本さん。

高校卒業後は

大阪府立大学農学部獣医学科に進学。

研究内容は勿論、鳥。

アヒルやニワトリといった家禽類

を専攻する研究室に入っています。

1994年大学を卒業後、

1996~97年はカナダのゲルフ大学

獣医学部の客員研究員を経験。

1998年に、ニワトリの砂ずりから

抽出されるタンパク質の分子が

ガン細胞の転移に関与することを

突き止めて修士論文とし

博士課程 獣医学専攻を修了しました。

砂肝は高タンパク質で

美容にもいいみたいな話も

聞きますからねー。

その後は大阪府立大学の

同研究科の助手に就任。

研究テーマを探していたところ

神戸にダチョウを飼っている牧場がある

という話を聞き、

大学教員として働く一方で

ダチョウの治療を条件に

ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」の

主治医に就任します。

ここから塚本さんのダチョウ観察、

そしてダチョウ研究が

始まったわけですね~。

こうしてみると本当に鳥一色の

人生を歩んでいますよね。

人間界に背を向け、

鳥たちに人生を捧げたという

文言も過言ではない気がします。

スポンサードリンク

ダチョウ研究、そしてダチョウ抗体発見

ダチョウは個人で飼うことは

不可能な鳥、そんな鳥を間近で

研究できるとあって楽しみな気持ちで

牧場に行った塚本さん。

しかし、いきなり出鼻を

挫かれるんですね。

というのも元々、ダチョウの行動を観察し、

行動パターン・規則性を解き明かしたい

と思っていた塚本さんなのですが、

ダチョウに規則性なんてものは

なかったのです。

ダチョウって背はデカいんですが

顔は小さく、よって脳も小さいのです。

いつも右へ左へ動き回っているが

ほぼなんも考えてない、

アホな鳥だったのです。

さらに今までの鳥の常識が

通じない点は、不潔な事。

ダチョウは糞がついていても

平気な顔で汚れを気にしません。

さらにダチョウ同士で羽をむしりとり

出血しても何も気にせずに

餌を食べ続けたりするそうです。

ここまでくると、

世界一アホな鳥かもしれません(笑)

しかしここで塚本さんは、

疑問に思ったわけですね。

不潔で、ケガをすることも多い動物が

なぜ寿命60年と長生きするのかと。

その秘密は感染症に

強いからではなかろうか?と。

そこからダチョウの抗体の研究を始め

2年がかりで、ダチョウから

抗体をつくり、取り出す方法を

確立しました。

それまではインフルエンザの抗体は

ニワトリやマウスなどから

つくられていたのですが、

いかんせん値段が高い。

1gあたり数億円だそう。

それに対して、ダチョウの卵から

取れる抗体は10万円程で済むそう。

ダチョウの卵はデカいですから

安価なワクチンを大量に生産出来ます。

これは本当に人類を変える

大発見ですよね。

その後、塚本さんは

2008年に京都府立大学大学院の

生命環境科学研究科教授に就任し

6月には京都府立大学発のベンチャー企業

「オーストリッチファーマ株式会社」を設立

抗体を用いて新型インフルエンザの

予防のためにマスクを開発したり、

がん予防など、さまざまな研究をしています。

スポンサードリンク

塚本康浩の結婚(妻・子供)は?

ダチョウを研究して20年近く、

50歳となる塚本さんの結婚、

妻や子供についての情報ですが、

調べたところ情報はありませんでした。

激レアさんの紹介では

人間界に背を向け、

鳥たちに人生を捧げたとあるので

もしかすると言葉通り

結婚されてないかもしれませんね。

また、あるエピソードで

ダチョウから飛んできた液が

たまたま口に入り、その液が

とても美味しかったことから

その正体を探るべく、ダチョウの

あらゆる体液を舐めた

という話もあります。

普通の人から見たら変人ですよね、、、

研究者ってどこか普通では考えられない

思考・行動がある印象です。

とまぁ悪い意味ではなく変な人で

鳥が恋人みたいなところもある

塚本さんの相手となる方は

相当な鳥好きじゃないと

務まらない気もしますね。

【塚本さんの年収やダチョウ抗体マスクについてはこちら】

ツカモトさん(塚本)の年収やダチョウ抗体マスク・化粧品の値段は?【激レアさん】

スポンサードリンク

塚本康浩(ツカモトさん)はダチョウ博士で経歴と大学や結婚(妻・子供)は?【激レアさん】まとめ

今回はダチョウ博士の

塚本康浩さんについて

経歴を主に調べてみました。

塚本さんと同時に

ダチョウの凄さがわかりました。

ダチョウという鳥に、

人類を救う可能性があるとは

ダチョウにも発見した塚本さんにも

感謝しなければけませんね。

現在はがん治療などの研究も

しているということなので

これからの大発見にも期待したいです。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする