向谷実の経歴や結婚(妻・子供)は?若い頃はカシオペアで画像や脱退理由は?【情熱大陸】

こんにちはMATSUです。

10月7日放送の情熱大陸に

鉄道シミュレータ開発者として

向谷実(むかいやみのる)さんが登場。

伝説的フュージョンバンドの

『カシオペア』で元キーボード奏者

だったのですが、現在は鉄道マニアとして

鉄道関連の会社を経営しています。

ミュージシャンなのに

鉄道シミュレータゲームを開発

しちゃうほどなので、

鉄道好きが相当うかがえますよね。

そんな向谷実さんの

経歴や結婚(妻・子供)と

カシオペア時代の若い頃の画像、

脱退理由など調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

向谷実の経歴・wikiプロフィール

出典:https://twitter.com/minorumukaiya

  • 名前:向谷実(むかいや みのる)
  • 生年月日:1956年10月20日
  • 年齢:61歳(2018年10月7日時点)
  • 学歴:東京都立大学付属高校
  • 出身:東京都世田谷区
  • 職業:音楽家、音楽館 社長

日本を代表するフュージョンバンド

『カシオペア』の元キーボーディスト

である向谷実さん。

元々は弁護士になるという夢を

持っていたのですが、大学受験に失敗。

小さい頃からやってきた音楽を

活かす道へと変更し

高校卒業後はヤマハのネム音楽院の

エレクトーン科に入学します。

そして20歳の時にギタリストの、

野呂一生から誘いを受けて

カシオペアに参加。

1979年にカシオペアが

メジャーデビューします。

そんな中、1985年の29歳の時に

音楽館を創立。

1995年には世界初となる

実写版の鉄道シミュレーションゲームを

開発しメーカーとして展開していきます。

その他にも発車メロディーを提供したり

低コストのホームドアを開発したりと

鉄道業界に大きな影響を与えています。

スポンサードリンク

向谷実のカシオペア時代の若い頃、画像や脱退理由は?

発車メロディーなどで

鉄道ファンからも注目されている

向谷実さん。

元々参加していたカシオペア時代の

顔写真などが気になり調べてみました。

若い頃の向谷さんがこちら。

出典:http://www.yamaha.co.jp/

全然変わってなくて驚きました(笑)


一応動画でも確認しましたが

本当に変わってないですね。

00:46~あたりから向谷さんの

アップになります。

4歳から音楽を嗜み、オルガン

クラシックピアノ、エレクトーン

などを演奏してきた向谷さん。

そのテクニックは卓越していて

若いキーボーディストたちにとっては

憧れの存在だったのです。

しかしカシオペアは

メンバー分裂問題や活動休止などがあり

休止明けに向谷さんは脱退しました。

脱退の理由について

公式な発表はなかったですが、一部では

向谷さんが鉄道にのめりこみ過ぎて

メンバーがそれをよく思っていなかったから

という噂もあります。

メンバー各々がソロで活動し始めて

カシオペアとしての活動が減ったことが

休止の理由だとは思いますので

カシオペアを再開するにあたり

鉄道ばかりの向谷さんは脱退という

形になった可能性がありますね。

スポンサードリンク

向谷実の結婚(妻・子供)は?

カシオペアのキーボードとして

かなりモテたであろう向谷さん。

しかも今では、鉄道業界に大きく

関わっている会社の社長ですから

年収なんかも凄いと思います。

そんな高スペックな向谷さんの

結婚情報ですが、

向谷さんはカシオペアが

メジャーデビューする前に

結婚されていました。

2005年の時の向谷さんのブログに

息子さんと娘さんが登場しています。

娘さんはこの時、OL2年目です。

出典:http://mukaiya.cocolog-nifty.com/

写真の右左の一番手前にいるのが

息子さんと娘さんでしょう。

そして娘さんの横にいるのが、

元嫁さんですかね。

元嫁と行ったのは訳があり

2015年に向谷さんは

また結婚しているんですよね。

再婚相手はナレーターの藤みさきさん。

藤みさきさんも趣味が鉄道と旅

ということなので

お似合いのお二人です。

スポンサードリンク

向谷実の経歴や結婚(妻・子供)は?若い頃はカシオペアで画像や脱退理由は?【情熱大陸】まとめ

今回は鉄道シミュレーター開発者の

向谷実さんについてでした。

これの導入により、

不測の事態に備えられたり

運転の安全性・確実性を

より高められる効果があるため

本当に偉大なことを成し遂げて

いると思います。

これからの活躍にも期待ですね。

最後に向谷さんが作った駅メロをどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする