小田豊(六花亭)の経歴wikiや年収は?結婚(妻や子供)や大学も調査!【カンブリア宮殿】

こんにちはMATSUです。

今回は六花亭の元社長の

小田豊(おだゆたか)さんを

取り上げたいと思います。

10月4日のカンブリア宮殿にも

出演されますが、

六花亭といえば、

北海道土産で絶大な人気を誇る

「マルセイバターサンド」を

生み出した会社。

マルセイバターサンドは

北海道の人気商品ランキングで

白い恋人とトップを争っている

ほど売れている商品なんですよ。

そんな六花亭を成長させてきた

小田豊さんの経歴やwikiや年収、

結婚(妻や子供)や大学(学歴)

など調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

小田豊(六花亭)の経歴やwikiプロフィール

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

  • 名前:小田豊(おだゆたか)
  • 生年月日:1947年
  • 年齢:71歳
  • 出身:北海道帯広市
  • 学歴:帯広三条高校
    慶応義塾大学商学部
  • 職業:六花亭製菓 亭主(元社長)

北海道帯広市出身の小田豊さん。

帯広三条高校を経て

慶応大学商学部を卒業後、

京都の老舗菓子店・鶴屋吉信で

修行をしています。

この時には、六花亭を継ぐことは

決まっていたのかもしれませんね。

1972年7月に六花亭製菓の前身

帯広千秋庵に入社。

副社長を経て1995年6月に

父親である小田豊四郎さんの

跡を継ぎ社長に就任します。

その後は売り上げを目標にせず

あくまでも美味しいものを

提供することにこだわり、

そして従業員の質を維持することを

前提とした独自の経営を続け

年商200億円近くの

菓子メーカーに成長させました。

具体的には全従業員有給休暇

完全取得を続けているようです。

また小田さんは優れた企業活動と

社会貢献を行っている

全国の企業経営者を表彰する

「第13回渋沢栄一賞」にも

選出されています。

スポンサードリンク

小田豊の結婚した妻や子供は?

現在は六花亭製菓の社長を退任し

後任を佐藤哲也専務に任せた

小田豊さん。

2016年に退任し、以降

製品開発を担当する

「六花亭研究所」の所長に

専念しています。

また六花亭の亭主という肩書も

持っていますが、

何のことを指しているんでしょうね。

六花亭製菓は代々、

創業家が継いできたのですが

創業家以外が社長に就くのは初めて。

ということは跡取りはいなかったのかな

と思い調べてみたところ、

娘さんはいらっしゃるようですが

息子さんの情報はなかったです。

なので、息子さんはいない

可能性の方が高いと思いますね。

いたら継いでいると思います。

そして娘さんがいるということは

結婚はされている

ということになりますね。

ちなみに娘さんは

由紀さおりさんのブログに

登場していました。

出典:由紀さおりオフィシャルブログ

綺麗な娘さんですよね。

スポンサードリンク

小田豊の年収は?

六花亭を年商200億円近くの

企業へと成長させた小田豊さんの

年収について調べてみたいと思います。

六花亭は資本金1億3000万円以上

従業員数は正社員・パート含めて

1300人以上の大企業。

(製造業とした場合、定義的には
中小企業になりますかね多分。)

しかし上場はしていません。

北海道を基盤にしている大企業は

上場してない傾向にありますね。

なので有価証券報告書はなく、

正確な年収はわかりませんが

中小企業の社長の平均年収は

資本金が5000万円1億円未満だと

1037万円。

六花亭を中小企業としていいかは

微妙なところですが

資本金は1億3000万円なので

それ以上の1500~2000万円

近くの年収があったのでは

ないかなと思いますね。

小田豊(六花亭)の経歴wikiや年収は?結婚(妻や子供)や大学(学歴)も調査!【カンブリア宮殿】まとめ

今回は六花亭の元社長

小田豊さんについて調べてみました。

社長時代、社員全員の名前を

覚えているくらい、

社員を大事にしていたそうですよ。

そして、地元の人が美味しいと思う

お菓子を作り続け、それが結果的に

いいお土産になると考えている六花亭。

今後生まれてくる商品にも楽しみです。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする