3年3組こくばん先生の学校や本名などプロフィール!曲や歌詞が面白い!

こんにちはMATSUです。

現役の小学校教師が、

歌手として異例のCDデビュー

するらしいですよ。

3年3組こくばん先生という

名前だそうですが、

一体どんな方なのでしょうか。

こくばん先生の学校や本名、

曲や歌詞など調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

3年3組こくばん先生のwikiプロフィールは?

出典:https://www.youtube.com/

  • 名前:3年3組こくばん先生
  • 本名:不明
  • 出身:不明
  • 年齢:29歳
  • 職業:小学校教師

先生とシンガーという

新たなジャンルの二足のわらじ

をするこくばん先生。

中学時代には山下達郎さんに憧れ

ギターを始め、

高校では軽音楽部に所属し

作曲なども行っていたそうです。

大学時代には、本気で

歌手を目指していたそうですが

家が教育関係一家ということもあり

こくばん先生も教師の道へ

進むことになります。

やはり歌手という、安定していない

と思われる職業を父親や母親は

許容できなかったのかもしれませんな。

しかしそんなこくばん先生も

念願の歌手デビュー。

きっかけは、普段から教育の一環として

歌っていたオリジナル曲で

2016年に担任した生徒の保護者が

レコード会社の元社員だったことが

縁となり、今回

CDデビューという運びになりました。

スポンサードリンク

3年3組こくばん先生の学校や本名は?

教師と歌手という二足のわらじに

挑戦するこくばん先生。

その本名など調べてみましたが

公表されていませんでした。

一般の方なので当たり前ですね。

そして勤めている小学校は

川崎市の公立小学校。

現在は5年生の担任をしているそうです。

小学校は候補が沢山あるので

特定はできませんでした。

それと3年3組の担任じゃないだと

少しツッコみたくなりましたよ。

面白いオリジナル曲を歌ってくれる

先生が担任の子供たちは

羨ましいですね(笑)

10日に発売されるCDには

こくばん先生が作詞・作曲した8曲が

詰め込んであるということですので、

教え子の子供たちは先取りして

一緒に歌っているかもしれませんね。

教師だけど副業していいの?

こくばん先生は川崎市立の

小学校の先生。

市立学校の教師は、市の職員に

あたるので公務員なのですが

副業は大丈夫なのでしょうか?

調べてみたところ、こくばん先生

川崎市の教育委員会には既に

副業を申請し許可を得ているそうです。

公務員が出来る副業は以下の通りみたい

  • 家業の手伝い
  • 不動産賃貸業
  • 株式やFXなどの投資
  • 本業で必要になった仕事

一応、教育の一環として

歌手デビューということなので

4つ目に該当した形になるのかなと思います。

スポンサードリンク

こくばん先生の曲や歌詞が面白い!

10日にこくばん先生のCDが

発売されるわけなんですが、

8月上旬に

乳歯が抜けた子供の成長を祝う曲

「はがぬけた」の

自主制作ミュージックビデオを

YouTubeで公開しています。

それがこちら。

【歌詞】

はがぬけた はがぬけた
さようなら ありがとう
はがぬけた はがぬけた
明日から  少し大人

のぞんでもいないのに
かってに せがのびていく
たのんでもいないのに
ぼくらは ここに立っている

けれども心が 目をさました
あの時から せかいが にじ色にかがやく

はがぬけた はがぬけた
さようなら ありがとう
はがぬけた はがぬけた
明日から  少し大人

明日から 少し大人

小学生の教育の一環として

歌っているので、

リズムといい歌詞といい

覚えやすく、ついつい口ずさんでしまう

感じの歌に仕上がっていますね。

そして歌手を目指していた

ということもあり歌声も素敵です。

この曲は作詞・作曲・演奏・アレンジを

3年3組こくばん先生が

アイコンデザイン&アニメーションを

YUSUKE AKASAKAさんが担当しています

スポンサードリンク

3年3組こくばん先生の学校や本名などプロフィール!曲や歌詞が面白い!まとめ

今回は、小学校教師が歌手として

異例のCDデビューということで

デビューするこくばん先生に

ついて調べてみました。

学校の先生や、子供を持つお母さんなど

CDを買って一緒に歌ってみる

というのも良さそうですよね。

歌を通して、子供の成長を

改めて実感できるかもしれませんよ。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする