東洋大学駅伝部イジメの真実真相!暴行した加害者は誰?橋本龍も悪い?

東洋大学の駅伝部に所属する

X君こと橋本龍さんが

部内でのいじめをツイッターで告発し

話題になっています。

またその件を週刊文春に

証言しました。

一体何があったのか。

東洋大学駅伝部のイジメの真実・真相と

暴行した加害者は誰なのか

調べていきます。

スポンサーリンク

東洋大陸上部1年生が部内いじめを告発

先ほど、週刊文春より

以下のようなニュースが報じられました。

箱根駅伝で5年ぶりの優勝を狙う東洋大陸上競技部で、今年4月に入学したばかりの1年生への暴行事件が起きていたことがわかった。被害者のX君(18)が「週刊文春」の取材に応じ、証言した。

(中略)

「陸上部に馴染めなかった自分にも非はありますが、あそこまでの暴力をふるわれる理由はなかったはずです」(X君)

X君の説明によれば、入部直後から寮や合宿などで“指導”が始まったという。

「毎晩、1年生は寮の掃除などの仕事をこなさないといけないのですが、僕はトイレや風呂場などの掃除について注意されることが多かった。4月には3年生で箱根駅伝にも出場していた先輩から怒られた際に、足を蹴られました」

7月以降、上級生からの指導はますますエスカレート。そして9月、新潟の山古志で行われた合宿で2年の選手から“指導”を受け、X君の我慢は限界に達した。

「練習器具を忘れたことを咎められた際、『マジで死ねよ』と首を絞められた。さすがに酷いと思って、母親に『もう辞める』とLINEで連絡しました」(同前)

9月20日、寮の会議室でX君と母親、陸上部の酒井俊幸監督、部長の間で話し合いが持たれ、“指導”に加わった先輩部員も同席し、暴言・暴行の事実を認め、謝罪したという。

だが、10月8日に「週刊文春」取材班が酒井監督を直撃すると、暴行の事実を否定した。

――暴力行為はあったのか。

「身体の接触があったのは事実。(両手で首と胸の間を触るしぐさをしながら)こういうのはありました。でも殴るとかは絶対にない」

出典:週刊文春

スポンサードリンク

告発者・橋本龍のプロフィール

今回、週刊文春に部内いじめを

証言した橋本龍さんの

プロフィールがこちら。

  • 名前:橋本龍(はしもとりゅう)
  • 年齢:18歳
  • 中学:川角中
  • 高校:東京農大三高
  • 大学:東洋大学陸上競技部

中学時代3000m走で

全国トップの記録を樹立。

高校時代も全国上位の活躍を見せ、

2018年4月、陸上部の特待生として、

東洋大学に入学しています。

ツイッターにも告発を

していたようですが

現在ツイートは削除されています。

謝罪もすでに受けていること

という話なので和解している

雰囲気ですね。

スポンサードリンク

東洋大学駅伝部の暴行した加害者はだれ?

さて今回、橋本君に暴行を加えた

加害者はだれなのでしょうか。

記事にはこうあります。

4月には3年生で箱根駅伝にも

出場していた先輩から

怒られた際に、足を蹴られました。

ということで

2018年の正月に行われた

箱根駅伝で出場していた2年生。

もしくは2017年の箱根に出場していた

1年生になりますね。

おそらく2018年に出てた

2年生だと思われます。

2018年、当時の

箱根駅伝に出場した東洋大学の

メンバーは以下の通り。

西山 和弥 1年
相沢 晃  2年
山本 修二 3年
吉川 洋次 1年
田中 龍誠 1年
今西 駿介 2年
渡辺 奏太 2年
浅井 崚雅 1年
小早川 健 4年
小笹 椋 3年

ある程度絞れそうですが

特定には至らないですね。

そして記事を読む限り

加害者は一人ではなく複数人

いそうですね。

そして橋本さんは

過去のツイートで

東洋大学の陸上部では

部内でいじめや暴力が蔓延していて

退部者が続出しているような

ことを言っていたようです。

スポンサードリンク

東洋大学駅伝部イジメの真実・真相!橋本龍も悪い?

少し調べてみると、

この事件?の真相といいますか

真実が見えてきます。

このツイートが真実なのかは

第三者からはわかりませんが

暴力を受けた橋本さんにも

非があったのではないか

という意見が多数あります。

大学で体育会系に

所属していた人からすると

1年生でこのツイートのような

行為をしていたとしたら

ちょっと神経を疑ってしまうでしょう。

それでも暴力はダメだ

という方もいるでしょうが、

箱根駅伝など、1年に1度の大会で

本気で優勝を狙い、

本気で練習しているのに

1年がふざけた態度だったら

と考えると、先輩の気持ちも

わかると思います。

また謝罪を受け、

話は終わったはずなのに

週刊文春にリークするのも

どういう意図があるのか。

ただこれに関しては、監督が

暴力を否定したことで

週刊文春が突っかかり

ちょっとややこしい感じになって

しまった可能性もありますが。

橋本さんの過去ツイートのように

部内でいじめや暴力が蔓延していて

橋本さん以外にも

被害者がいたといった場合は

東洋大学の駅伝部が少しおかしい

という話になってきますけどね。

スポンサードリンク

東洋大がこの件について文書を発表

東洋大学が週刊誌記事に

対しての見解を公表しました。

長距離ブロック全部員57名への調査によると、当該1年生は入部以来、合宿生活において上級生及び同級生から何度も同じ指摘(生活ルール違反、係用務怠慢、授業態度不良、一貫性のない発言等)を受けても改善が見られないため、関係する部員は疲弊している状況だったとのことでした。当該1年生が示す反応(舌打ちを繰り返す、鼻で笑う、ため息をつく等)のため、上級生及び同級生が感情的になる事態が生じていた。

そのため、当該1年生に対し、4月に胸元をつかむ行為1件、4月に臀部を軽く蹴る行為1件、6月に胸元をつかむ件1件、9月に暴言とともに鎖骨付近を押す行為1件が発生。9月20日に当該1年生と保護者から監督と陸上競技部長が事情を聴取。その後、ふさわしくない言動をした部員4名と話し合いの場を持ち、学生間で互いの認識や至らぬ点を確認し、双方で謝罪し合った。ふさわしくない言動をした部員4名は厳重注意を受けた。

9月19日、26日には関東学生陸上競技連盟に対し、今回の調査結果及びその発生原因、当該学生たいちの話し合いの状況などを報告した。

今回のことを教訓とし、再発防止に務める。指導者・部員一丸となって取り組む。

最後に「今回の記事についてご心配をおかけしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。以上」

出典:スポーツ報知

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする