川口知哉の今現在の職業やプロ野球成績は?0勝で引退の原因はコーチ?【消えた天才】

こんにちはMATSUです。

11月4日放送の消えた天才に

元プロ野球選手の川口知哉

(かわぐちともや)さんが出演します。

川口さんは4球団から

ドラフト1位指名をされ、

メジャー球団からも獲得を熱望

4億円の契約金を提示された

天才高校生投手だったのですが

プロの世界では1勝もできずに

引退してしまいました。

そこで今回は、川口さんの

現在の職業やプロ野球成績と

0勝で引退した原因について

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

川口知哉の年齢や高校などプロフィールは?

出典:https://twitter.com/

  • 名前:川口知哉(かわぐちともや)
  • 生年月日:1979年8月25日
  • 年齢:39歳
  • 出身:京都府城陽市
  • 高校:平安高等学校
  • 身長:184㎝
  • 体重:86㎏(現役時代)
  • ポジション:投手
  • 球団:オリックスブルーウェーブ

京都府出身で現在39歳の

川口知哉さんは、高校時代

スター選手として注目を

集めていました。

1997年、川口さんが高校3年時、

春の選抜大会と

夏の選手権大会(甲子園)に出場。

エース兼4番として活躍し、

春はベスト8、夏は準優勝に

チームを導きました。

140km/h台のストレートと

落差の大きいカーブを武器に

甲子園では51個も三振を奪いました。

ドラフト会議では

  • オリックス・ブルーウェーブ
  • 大阪近鉄バファローズ
  • ヤクルトスワローズ
  • 横浜ベイスターズ

の4球団から1位指名されるほど

注目され、期待された選手でした。

そんな選手が、なぜプロの世界で

1勝もできずに姿を消したのか

とても気になりますが、

まずはプロ野球時代の成績から。

スポンサードリンク

川口知哉のプロ野球時代の成績は?

1997年にオリックスに入団、

プロ入りをした川口知哉さん。

高校時代の成績と

ビックマウスぶりから

ファンから期待をしていました。

しかしルーキーの年は二軍スタート。

それに対し、当時の仰木彬監督に

噛み付いたこともあるみたいです。

1999年10月に一軍初登板を

果たしましたが、二軍での

生活が主でした。

2002年と2003年には

一軍での登板機会が

与えられましたが

成績を残すことが出来ず、

2004年に戦力外通告を受けました。

トライアウトを受けるも不合格、

結果、現役生活7年という短命で

引退することになりました。

通算の登板回数は9回

  • 1999年、登板回数1回
  • 2002年、登板回数7回
  • 2003年、登板回数1回

成績は未勝利という形でした。

やはり厳しい世界ですよね。

ただ、高校時代に結果を

残していた選手が、

1勝もできずに引退というのは

いささか疑問でもあります。

一体何が原因だったのか

その理由は、故障と制球難に

よるものとされていて、

制球難については

フォーム改造が原因と

言われています。

スポンサードリンク

川口知哉が0勝で消えた原因はコーチ?当時のコーチはだれ?

川口知哉さんがプロで成績を

残せなかった理由は

故障と制球難によるもの

とされています。

川口さん本人によると制球難は

プロ入り直後に受けたコーチの

助言がもとで、フォームを崩した

事が原因のようです。

一度は断ったものの、

プロのコーチが言うのだからと

自分の意志を貫くことは

出来なかったそうです。

1997年のオリックスの

1軍投手コーチは、

山口高志さんと神部年男さん。

2軍の投手コーチは、

池内豊さん高野光さん。

また当時のオリックスは

投手コーチが何度も

替わっていたみたいなので

違う指導によって混乱をしていた

ことも一因してるのでは

という話もありますね。

一方でネットには、

練習不足だったのではないか

というような話もあります。

トライアウトの時に

プロの体つきじゃなかった

みたいですよ。

色々な要因があったとは思いますが、

高校時代に活躍した選手が

プロになって、おもった成績を

残せないことは多々ありますよね。

練習量もさることながら

自分に合った指導者に巡り合う

そういったことも成功には

大事な要因ということですね。

スポンサードリンク

川口知哉の現在の職業は?

2004年に現役を引退した

川口知哉さんはその後、

京都で住宅外装関係の会社で

仕事をしながら、

アマチュア野球の指導を

行っていたそうです。

2010年からは女子プロ野球の

京都アストドリームス
(現京都フローラ)のコーチを

2013年からはサウス・ディオーネの

監督やヘッドコーチを務めていました。

そして現在ですが、

2018年から京都フローラに戻り

監督に就任されています。

女子プロ野球監督の給料って

どうなっているんですかね?

女子プロ野球選手の年収は

200万~らしいのですが、、、

監督とは別の職業に就いている

といった情報はなかったので

おそらく監督一本だと思いますが

その辺が謎でした。

川口さんは女子プロ野球に

携わってからは

8年も経っているんですね。

そして現役引退してからも

野球に携わっているので

野球が好きなんだなと感じます。

またプロ現役時代に結婚していて

子供もいらっしゃいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする