林家たま平の高校大学(学歴)や落語の実力は?家系図が凄い!父は林家正蔵で母は?【ノンフィクション】

こんにちは。

伝統芸能、伝統工芸などには

必ず師弟関係というものが

存在しますよね。

今回は取り上げるのは

落語家の林家たま平さん。

10月7日放送のザ・ノンフィクション

でも取り上げられます。

たま平さんの父親は、

テレビなどでも活躍する林家正蔵さん。

しかし弟子入りする際、

親子の縁を切っているんだと。

師弟関係にもいろいろあるんですな。

そんな林家たま平さんについて

高校や大学などの学歴や落語の実力

など調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

林家たま平の経歴・wikiプロフィール

出典:落語協会

  • 名前:林家たま平(はやしやたまへい)
  • 本名:海老名泰良(えびなやすよし)
  • 生年月日:1994年5月29日
  • 年齢:24歳
  • 出身:東京都
  • 学歴:明治大学付属中野中学校・高等学校

元、林家こぶ平で

現在九代目林家正蔵の

長男である、林家たま平さん。

ちなみに姉と弟がいます。

そんなたま平さんは、

高校を卒業後の2013年、18歳で

実父である林家正蔵さんに入門しました。

しかし最初、父・正蔵さんは、

実力主義で厳しい落語の世界では、

親のすねかじりでは決して育たない

という理由で

たま平さんの弟子入りを

拒んでいたそうです。

結果的には弟子入りを認めたのですが

その条件は「親子の縁を切ること」。

おそらく、子のためを想う

選択だと思いますが、

やはり厳しい世界なんですね。

翌年、2014年には

林家たま平を名乗り

落語家デビュー、前座を始めます。

たま平という名は父正蔵さんがつけ

  • 「たまのような男の子」
  • 「たまも磨けば光る」
  • 「ラグビーの球(たま)」

という由来があります。

この玉を自分で大きくしなさいという

メッセージも込められていて

こちらにも正蔵さんの想いが伝わります。

スポンサードリンク

林家たま平の高校や大学など学歴は?

修業を始めてからは、ほぼ休みなし

そんな中、2017年に

二ツ目に昇進した林家たま平さん。

そんなたま平さんの学歴について、

中学と高校は明治大学付属中野

に通われていました。

実はたま平さん、

中学3年生の時すでに

「人を楽しませる、
こんな面白い仕事はない。」

と中学卒業と同時に入門しようと

思っていたそうなんです。

しかし正蔵さんに

高校までしっかりやれと言われ

断念した過去があります。

そんなたま平さんは

中学高校時代はラグビー部に所属。

高校時代には

ラグビーの甲子園ともいえる

花園の一歩手前まで進んだ

実力の持ち主なんです。

当時の体重はピークで85㎏も

あったんだそうですよ。

今は70㎏くらいまで減量されています。

そんなたま平さんは推薦で

明治大学進学という

選択肢もありましたが、

落語界入りを決めました。

中学3年生の時に

本格的に落語界入りを考えて

3年待ち、高校卒業で念願の落語界へ。

しかし待っていたのは厳しい世界。

けど、スポーツで培った経験が

たま平さんを一流の落語家へと

押し上げるのではないかなと思います。

スポンサードリンク

林家たま平の父は林家正蔵で母は?家系図が凄い!

林家たま平さんの父親は

先ほどから言っている通り

9代目林家正蔵さん。

では正蔵さんの妻で、

たま平さんの母親は誰なのか

ですが一般女性の有希子さんという方

で顔などは公表されていませんでした。

それにしても、たま平さんの生まれた

林家家系は本当に名門で、

著名人がずらりと並んでいます。

たま平さんの曽祖父が

7代目林家正蔵で、

その息子にあたり、

たま平さんの祖父が初代林家三平。

祖父の初代林家三平さんと

祖母の海老名香葉子さんとの間に

誕生した子供が上から

  • 長女の海老名美どりさん
  • 次女の泰葉さん
  • 長男の九代目林家正蔵さん
  • 次男の二代目林家三平さん

になります。

配偶者も豪華で、

長女の海老名美どりさんの

夫は司会者の峰竜太さん。

次男の二代目林家三平さんの

妻は女優の国分佐智子さん。

泰葉さんの元夫は春風亭小朝さん

と凄い豪華ですよね(笑)

スポンサードリンク

林家たま平の落語の実力は?

2017年11月に二ツ目に昇進した

林家たま平さん。

落語家は

  • 「前座見習い」 カバン持ちなどの雑用、修業
  • 「前座」 寄席で一番前に高座へ座る。
    前座見習いの仕事と楽屋での仕事
  • 「二ツ目」 寄席で二番目に高座へ上がる
    雑用がなくなる
  • 「真打ち」 寄席で一番最後に出る資格をもつ落語家
    弟子を取ることもできる

といった階級があり、

二ツ目というともう見た目は

立派な落語家さんです。

ではたま平さんの落語の実力は

どれほどなのか、

評判を探してみたところ

ツイッターを見るとこのように

面白いと評価されていますね。

親の血をしっかりと

受け継いでいるのでしょう。

これからも期待の落語家さんです。

ちなみに現在、二ツ目という階級で

すぐ次には真打ちがありますが

二ツ目で10年勤めないと真打ちには

なれないそうです。

なので早くても2027年ですね。

スポンサードリンク

林家たま平の高校大学(学歴)や落語の実力は?家系図が凄い!父は林家正蔵で母は?【ノンフィクション】まとめ

今回は、林家正蔵さんの息子

林家たま平さんについて

調べてみました。

ノンフィクションは4年間にわたり

たま平さんを追い続けたそうなので

もしかすると番組で、二ツ目昇進の

舞台裏などが見れるかもしれませんね。

噺家としての評判も良いので

これからどんどん活躍していくのでは

ないでしょうか。

たまを大きくできるように

頑張ってほしいですね。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする