専門家

高野孝子の今現在も北極冒険家?経歴や年収が凄い!結婚した旦那や子供はいる?

今回は北極美人女性冒険家の
高野孝子(たかのたかこ)さんに
ついて取り上げていきます。

『1億人の大質問!?笑ってコラえて』
にも出演経験のある高野さんは
犬ぞりで北極海を横断するなど、
世界初の無動力での極点横断に
成功した凄い日本人冒険家さんなのです!

今回はそんな高野孝子さんの
今現在の活動や経歴、年収、
そして結婚してるのかなどまとめていきます。

高野孝子のwiki経歴・プロフィール


出典http://www.kenko-biz.jp/

プロフィール

名前:高野孝子(たかのたかこ)
生年月日:1963年3月30日
年齢:57歳(2020年12月現在)
出身地:新潟県
出身大学:早稲田大学、ケンブリッジ大学、エジンバラ大学

女性冒険家でもあり教育活動家の
高野孝子さん。

早稲田大学修士課程を卒業後、
ジャパンタイムズの報道部記者を
経てフリーランスとなり
教育団体を立ち上げたり、
自身でも様々な冒険をされています。

これまでにした冒険は

  • オーストラリア・グレートバリアリーフでのサンゴ礁調査(23歳)
  • アマゾン川1500kmをカヌーで下る(26歳)
  • 北極点パラシュート降下(28歳)
  • マダガスカル島でのサバイバルレース(30歳)
  • 北極海を犬ゾリとカヌースレッドで横断(32歳)

などなど、書ききれないほどの冒険をしています!

マダガスカルでのサバイバルレースは
事前にどのような地域で何をするのか
知らされない過酷なレース。

砂漠や熱帯雨林、山、川、海が
存在するマダガスカル島は、
場所によって気温60度にも上がり
そのレース中はマダガスカル島の
上空にレスキューのヘリが
飛び回るほどだったそうです。

北極海の横断は旅前には
”遺体をどうしてほしいか”という
同意書を書いて出発するほど危険な旅。

マイナス50度という気温での
スタートだったそうです。

相手は自然で、それだけ寒いなら
全部氷だろうと思ったのですが
そんなことはなく

どこに氷があって、
どこが海になっているのか
わからないそうです。

クレバスという氷河の割れ目に
そりが落ちれば食料など
全てを失い終わりという危険さ。

このように高野孝子さんは
零下50度からプラス60度、
様々な地域で冒険をしている経歴をお持ちです。

本当によく、こんな死と
隣り合わせな旅を続けられますよね!

次ページ|高野孝子の今現在の活動や年収は?

1 2