お店

平田巳登志の作る塩パンはなぜ人気?愛媛パンメゾンの取り寄せ通販は?

皆さんパンはお好きでしょうか?
私は朝はパン派で、毎朝パン
そしてちょっと小腹がすいても食べます^^

今では、様々な種類のパンが
生み出されていますが、
今回は塩パンの生みの親である
平田巳登志(ひらたみとし)さんに注目。

今や全国でブームとなっている
塩パンですが元祖は平田さんが
経営するパン屋「パンメゾン」で
テレビメディアにも度々取り上げられています。

パンメゾンでは1日に6000個もの
塩パンが売れるというんですから、
かなりの化け物パンですww

ということで今回は、
平田巳登志社長についてや
塩パンの人気の理由、
パンメゾンの塩パンの通販などまとめていきます。

塩パンの生みの親・平田巳登志のプロフィールや経歴

shiopanhirata
出典http://mainichi.jp/

平田巳登志(ひらたみとし)さんは
愛媛県八幡浜市にあるパン屋
「パンメゾン」を経営する年齢64歳のパン職人。

今では全国で広く知れ渡った
塩パンですが、この塩パンの
ブームを作ったのが平田社長なのです。
(※コメントで頂いた情報で塩パンは
パンメゾンが最初に作ったわけではなく
ブームに火をつけたお店が
パンメゾンであることがわかりました)

平田巳登志さんは元々は
四国で父親と一緒に
『ハチキョーベーカリー』を経営。
41歳の時に訳あって独立をしました。

独立当初は一日に10万円
売り上げるのがやっとの状態で、
そんな中でも1年に100種類の
新作パンを作るというノルマは
欠かさず行っていたと言います。

私はパン業界について
よくわかりませんが、
1年に100個の新作パンを
考えるということは普通に考えて
かなり大変だったと思います。

7日に2個創造するって事なので、
考えるだけで辛い。

そんな中、2004年に塩パンが誕生。
発売を開始してから、約3年後に
売れるようになり、それが
きっかけでメディアにも出るように。
そこからはもう鰻上りと言った感じですよ笑

塩パンの値段は77円。
1日に6000個売れるということは
6000円×77円=46万2000円

塩パンだけでこれだけの
売り上げですから年収もすごそうです^^

やはり凄いのは、1年に100個の
新作パンを作っていたエピソードには
並々ならぬパンへの愛情が感じられます。
生活がかかっていたということも
あるかもしれませんけどね。

次ページ|塩パンはなぜ人気?取り寄せや通販はしてるの?

1 2