VI(ビッグバン/スンリ)の副業の年収(収入)はいくら?ラーメン店開業の理由は?【ダウンタウンなう】

こんにちはMATSUです。

10月5日放送のダウンタウンなう

「本音でハシゴ酒」に、

ビッグバンのV.Iさんが登場。

なんでも副業でやっている

ラーメン店が儲かりすぎていて

一同を驚かせるそうです。

ということで今回は

VIさんが副業で経営している

ラーメン店の年収(収入)は

いくらなのか、開業の理由なども

調べてみたいと思います。

それにしてもダウンタウンなうって

お金の話好きですよね。

スポンサーリンク

V.I(スンリ)のwiki風プロフィール

出典:https://dot.asahi.com/

  • 名前:V.I(ヴィ・アイ)
  • 韓国活動名:スンリ
  • 本名:イ・スンヒョン
  • 生年月日:1990年12月12日
  • 年齢:27歳(2018年10時点)
  • 血液型:A型
  • 身長:168㎝
  • 出身:韓国

韓国出身の5人組アイドルグループ、

BIGBANGに所属するV.Iさん。

日本では2009年から活動されてますね。

そんなV.Iさんですが、

とにかく副業で稼いでいます。

韓国のアイドルには結構

副業をする人って多いらしいですよ。

番組で語られるのはラーメン屋だと

思いますが、それ以外にも

  • ワッフル専門店
  • 人材派遣会社
  • HIPHOPラウンジ
  • ナイトクラブ

などに副業をやっています。

かなり幅広く手を出していますよね。

相当忙しいと思いますが

大丈夫なのでしょうか?(笑)

しかも話では、2018年年内に

兵役することになっているので

どうなるのか、、、。

スポンサードリンク

VIの副業はラーメン店で年収(収入)はいくら?

数々の副業をやっているV.Iさん

ですがとりわけ好調なのはラーメン店

本業であるBIGBANGの収入より

副業の方が収入が

高いみたいなんです。

ちなみにビッグバンの2016年の

収入は47億円と言われています。

それ以上ですから、恐ろしい。

そのラーメンチェーン店ですが、

名前は「アオリの神隠し」で

日本式のラーメン店になっています。

そんなアオリの神隠しですが

2016年12月に1号店をオープンし、

現在では50店舗もあるそうです。

そして驚くことに

1店舗当たりの月商が

2億ウォン(約2000万円)

だと以前明かしています。

50店舗あるので単純計算で

月商10億円。

年商にすると120億円も

売上があることになります。

もちろんそのままが

年収というわけではなく

材料費、電気代、ガス代、水道代、

家賃、人件費などもろもろの経費が

掛かります。

ただ5%と考えても

年収6億ですからね。相当です。

スポンサードリンク

VI(ビッグバン/スンリ)のラーメン店開業の理由は?

50店舗もチェーン展開してしまうほど

ビジネスの才能があるV.Iさん。

そもそもラーメン店を開業した

きっかけはなんだったんでしょうか。

調べてみるとそれは2012年のこと。

当時韓流ブームがあり、その流れに乗って

BIGBANGも日本へ進出しました。

しかしその後、突然為替レートが上昇し

日本での生活が苦しくなっていたそう。

韓国の事務所からも戻ってこいという

連絡があったくらい厳しかったのです。

その電話の後、空腹を満たすために

近所のラーメン屋に入ったのですが

V.Iさんの手持ちは600円で

店の一番安いラーメンが650円。

このままでは買えないと、

チャーシュー抜きで600円にして

提供を頼んだのですが

ラーメンを食べ進めると、スープの底には

チャーシューがあったのです。

このとき、V.Iさんは

この感動を韓国に持って帰らなければと

ラーメン店を始めることに決意しました。

そのラーメン屋の店主も

粋なことをしますよね。

表面にチャーシューを出していたら

すぐに気づかれてしまいますが

底にあれば、食べ進めないと

気づかないですからね。

遠慮しないで食べさせる

といった気遣いが感じられます。

スポンサードリンク

VI(ビッグバン/スンリ)の副業の年収(収入)はいくら?ラーメン店開業の理由は?まとめ

今回はダウンタウンなうにて

一同を驚かせたという

V.Iさんの副業について

調べてみました。

ラーメン愛も強く、一日3食ラーメン

という日もあるそうで

一時期体重が75㎏にまで増えたこと

経験もあるV.Iさん。

副業が本業の収入を越すとは

どっちが本業なのかって

感じになりますが、

ビッグバンだけではなく

経営者としての活動にも注目ですね。

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする