アーティスト

佐渡裕(指揮者)の自宅や年収が凄い?経歴や嫁と子供も調査!【徹子の部屋】

みなさんこんにちは!
今回は、指揮者の
佐渡裕(さどゆたか)さんに注目。

徹子の部屋やアナザースカイ
などにも出演経験のある
佐渡裕さんはオーケストラの本場
ウィーンで管弦楽団の
音楽監督を務めている
日本が誇る指揮者!!

そこで今回は佐渡裕さんの
自宅や年収、経歴や嫁と子供を
調べてみたいと思います。

佐渡裕のプロフィールと経歴


出典http://yutaka-sado.meetsfan.jp/

プロフィール

名前:佐渡裕(さどゆたか)
生年月日:1961年5月13日
年齢:59歳(2020年10月現在)
出身地:京都府
高校:京都市立京都堀川音楽高等学校
大学:京都市立芸術大学音楽学部フルート科

佐渡さんは大学生時代に独学で
指揮者の勉強を始めたそうです。

大学はフルート科に進学しているので
指揮者の勉強を始めるまでは
フルートを演奏していたんでしょうね。

そして1987年
アメリカ・タングルウッド音楽祭に参加後
レナード・バーンスタイン氏、
小澤征爾氏に師事。

その後数々のコンクールで優勝し
2011年にはベルリンの
フィルハーモニー管弦楽団で
客演指揮者として定期公演の
指揮をした経験をお持ちです。

これは日本人としては
小澤征爾さんに次ぐ2人目の偉業!

正直、凄すぎてあんまりピンと
こないのですが、規格外ですね笑

1989年 ブザンソン国際指揮者コンクール優勝
1992年 出光音楽賞
1995年 レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝
2003年 渡邉曉雄音楽基金音楽賞
2014年 岩谷時子賞

現在はウィーン・
トーンキュンストラー
管弦楽団の音楽監督と

兵庫芸術文化センター管弦楽団の
音楽監督をしています。

スポンサードリンク

佐渡裕は結婚した嫁と子供は?

佐渡さんは1989年ごろ
(バーンスタインに師事していたころ)
新婚の奥様とウィーンで暮らしていた
みたいですが、しかし1993年に
離婚してしまったそうなのです。

当時指揮者としての階段を上る最中
わがままに生きたいという
佐渡さんの希望があり離婚したと。

そして1999年に当時27歳であった
公子さんという方と再婚をしています。

一般の方なので情報は無いですが
子供も二人いるみたいですな!

佐渡裕の自宅が凄い!

佐渡さんはウィーンと
兵庫県の芦屋市に
二つの家を持っています。

ウィーンの自宅は
一等地に建てられていて
敷地180㎡でリビングと
ベットルームが2つ
バスルームが2つもある豪華物件!

この家、元宮殿のマンション
らしいですよ!
家賃もヤバそう笑

芦屋にある自宅は
有名な建築家の安藤忠雄氏が
設計したものらしいです!

なんでも安藤さんと友達みたい^^

確かにコネがないと安藤忠雄さんに
個人宅を設計してもらうなんて出来ませんね。

建築家の友達に家を作ってもらうって
なんだか憧れますよね。

奥さんと子供は
芦屋の家に住んでいるそうなので
佐渡さんがウィーンに行ったりと
指揮者に理解がある
奥さんなのかなと思いますね。

スポンサードリンク

佐渡裕の年収は?

さてそんな佐渡さんの年収ですが
いくらくらいなのでしょうね!

指揮者の平均年収は400~900万
と結構幅広いみたいですが。

佐渡さんの師匠にあたる
小澤征爾さんは
1公演で500万円ほどのギャラという噂。

ここまでくると化け物ですね笑

佐渡裕さんも日本を代表する指揮者で
経歴も十分ということで
小澤の次くらいに
ギャラが高いと思われます。

佐渡さんの場合、
ウィーンと兵庫で音楽監督の契約を
されているので安定した給与は
入ってきていると思います。

ただ上手くいかないと
思われたりしたら
契約継続をしてもらえなくなるので
シビアな世界。

またその他にも、
公演の指揮を依頼されたり
出演料で収入が変わるので
佐渡さんの働き次第で年収が変わります。

済んでいる自宅などを見るに、
まぁだいたいですが年収
4,5000万以上は
稼いでいるような気がしますね。

クレイ勇輝(元キマグレン)の元相方・イセキの今現在は?解散理由についても!【しくじり先生】10月31日(月)の19時~テレビ朝日放送の しくじり先生 俺みたいになるな! 3時間スペシャルに 元キマグレンの(KURE...
ギマさん(儀間太久実)激レアの経歴や年収は?仕事(職業)は口笛だけ?口笛人生が凄い!こんにちはMATSUです。 今回取り上げたいと思うのは 口笛奏者のギマさん。本名を 儀間太久実(ぎまたくみ)さん。 ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は世界的な指揮者、
佐渡裕さんについて調べてみました。

離婚のところでちょっと無責任だと
感じましたが、それがあったからこそ
世界的指揮者になれたのかなと。

佐渡さん自身の指揮者の活躍を
期待しながらも今後は
若い指揮者を教育する立場
なんかにも期待したいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。