アーティスト

ハンサムケンヤの本名や年齢やプロフィールは?学歴や経歴も気になる!【新しい波24】

12月27日深夜に放送される

新しい波24にアーティストのハンサムケンヤさんが出演します。

 

新しい波とは

「めちゃイケ」や「はねるのトびら」を生んだ

フジテレビが8年に一度お届けする若手芸人発掘番組なのですが

そこに初めてのアーティストとして登場します。

 

そこで今回は、ハンサムケンヤさんについて

調べてみたいと思います。

ハンサムケンヤのプロフィール

handsomekenya

名前:ハンサムケンヤ

本名:田邊健哉(たなべ けんや)

生年月日:1987年10月30日

年齢:29歳(執筆時)

出身地:徳島で生まれすぐに熊本へ

出身大学:立命館大学産業社会学部

職業:シンガーソングライター

所属事務所:ビクターエンタテイメント

 

 

ハンサムケンヤさんは京都府在住のシンガーソングライター。

大学在学中、バンド仲間である新井ポテトさんと共に

インディーズレーベル『古都レコード』を立ち上げます

 

ちなみにハンサムケンヤという名前は、

新井ポテトさんが命名したのだそうです^^

 

設立後、初めてのプロモーションビデオは、

映像作家の椙本晃佑(すぎもと こうすけ)さんによる

アニメーションやCGを取り入れた作品となりました。

「これくらいで歌う」という曲。

 

そのハイクオリティーな映像も手伝って

ハンサムケンヤさんの楽曲はネットを中心に話題となり

国内外で人気を得ています。

 

ハンサムケンヤさんは卒業間近に内定を蹴って、

アーティストの道一本で行くと決めたのですが、

この覚悟は相当なものだと思いました。

 

私はハンサムケンヤさんのこと知らなかったのですが

調べていくうちに、

ゴットタンのエンディング曲にも採用されていたことがわかり

知らずに曲は聴いていました^^

スポンサードリンク

ハンサムシンヤの経歴

では経歴を見ていきたいと思います。

 

ハンサムシンヤさんは親の影響で

5歳で絵画を習い始め、6歳からピアノを始め、11歳で野球を始める。

芸術も運動を両方こなせと習わされたそうです^^

 

2000年(13歳)にビートルズの影響でバンドに興味を持ち

 

2002年(15歳)にはベースを触り始め、

 

2003年(16歳)にはクラシックギターも触り始める。

 

2004年(17歳)の時、中学の同級生らとバンドを結成。

ベース&ボーカルを務めます。

 

2005年(18歳)には、2つ目のバンドで

自作曲「アヴェスター」が熊本の高校生バンドの

オムニバスCDに収録されました。

 

2006年の浪人時

MTR(マルチトラックレコーダー)という機材を使い

曲制作にハマる。

 

2007年、立命館大学に入学し

 

2009年にバンド『京都ハンサムズ』を結成。

これが新井ポテトさんとのバンドです^^

 

2010年の大学在学中、新井ポテトさんと共に

インディーレーベル「古都レコード」を立ち上げる。

 

2011年3月、立命館大学を卒業。

 

2012年ビクターエンタテイメントと契約をし

7月に「集積ライフ / カサブタ」でメジャーデビュー

 

2012年10月、ビクターエンタテインメントに移籍。

 

経歴を見ると、

音楽に囲まれた生活をしていることがわかりますね!

バンド時代はボーカルを担当していますが

昔から目立ちたがり屋だったみたいです笑

 

そしてやはり2010年の内定を蹴って

アーティストの道で食べていくと決心したところが

人生の分岐点ではないですかね?

 

今回放送される新しい波24で発掘されれば

それがまた分岐点になるかもしれませんが^^

スポンサードリンク

ハンサムケンヤの曲

続いてはハンサムケンヤさんの曲について

書いていきたいと思います。

 

ハンサムケンヤさんの曲について

やはり触れておかなければいけないのはMVの映像を担当している

椙本晃佑さんのことです

 

古都レコード立ち上げ後の一曲目から幾つもの作品を

椙本晃佑さんが担当しているのですが

そのクオリティが半端じゃないです。

 

椙本晃佑さんは映像作家としてすごい受賞歴があり、

CGアニメコンテストのグランプリを受賞しています

 

CGアニメコンテストという大会は、

「君の名は」の監督を務めた新海誠さんが

グランプリをとった大会でもあるのですが

 

新海誠さんが受賞した2000年を境に

2001年から2016年まで

グランプリを受賞したのは2人のみ。

 

そのうちの一人が椙本晃佑さんで

グランプリを受賞した作品がこの「これくらいで歌う」です。

 

該当作品がなかったらグランプリを出さない厳しい大会で

グランプリを受賞している凄い映像作家の方なのです!!

 

まだそんなにたくさんの曲を聴けては無いのですが

そのMVの映像とハンサムシンヤさんの歌詞が合わさり

何か、聴いている人に考えさせるような

素敵な曲ばかりです。

スポンサードリンク

ハンサムケンヤと椙本晃佑と出会い

ではこの二人は、どうやって出会ったのかについてです。

 

古都レコード代表の新井ポテトさんいわく

古都レコードを立ち上げたは良いが

お金をかけずハンサムケンヤさんを

宣伝出来るのはインターネットだけで

 

ネットを通してだと、映像も見ることが出来るから

アニメーションで凄い映像を作ろうと思ったそうです。

 

調べていくうちに自主制作アニメーションというものを知り

そこで椙本晃佑の『the TV show』に出会ったそうです。

作品に感動した新井ポテトさんは思い切ってメールをし

これがきっかけとなります^^

これくらいで歌うにも 、映像が少し盛り込まれていますね笑

この作品は

  • 第9回東京アニメアワード 優秀賞
  • 2009アジアデジタルアート大賞展 動画部門 入賞

と海外からも評価されています。

 

 

ハンサムケンヤが新しい波24に出演!

今回、新しい波24に初めてのアーティストの枠として

出演するハンサムケンヤさん

 

過去にはゴットタンのエンディング曲や

最近ではフジテレビで放送されている『クイズ二度見』の

テーマソングを担当したり、ライブやCD以外にも

活躍の幅が広がってきている気がします。

 

若手芸人の中には、テレビ初出演という人もいるらしいのですが

ハンサムケンヤさんは過去にテレビ出演があるみたいですし

落ち着いて収録に臨めたのではないかと思います^^

ひな壇に座ることは初めてだと思いますが笑

 

歌も披露するみたいなので、注目浴びて

売れてほしいですね!!楽しみです。