医師

大圃研の経歴や年収などwikiプロフは?結婚した妻(嫁)や子供も調査【情熱大陸】

今回は、大腸がんの
内視鏡治療症例数日本一の医師、
大圃研(おおはたけん)さんに
ついて取り上げていきます。

私の親族も大腸がんに
なったことがありますが
私の親族の場合は、
メスを入れました。

大圃研さんが第一人者の
内視鏡治療法(ESD)は
開腹手術に代わる治療法で
手術にかかる時間も少なく、
体への負担が少ないそうです。

情熱大陸でも取り上げられた
日本のがん治療を引っ張る
大圃研さんはどんな医師なのか
気になったので調べてみました。

大圃研(内視鏡)の経歴・wikiプロフィール

ohataken
プロフィール

名前:大圃研(おおはたけん)
生年月日:1974年
年齢:46歳(2020年現在)
出身:生まれは東京。育ちは茨城。
大学:日本大学医学部卒
職業:医師

食道、胃、大腸と
全ての消化器管の早期ガンに対する
内視鏡治療のスペシャリスト
大圃研医師は、

祖父母も父も医師ということで、
環境から自然と医者の道に進んだそうです。

1998年、日本大学医学部卒業後、
JR東京総合病院に勤務。

月給2万円時代も経験しながら
9年間非常勤として勤務していました。

当時は、大学卒業後
医局に入る人が大半を占めていた中、
大圃研さんは医局には入らず
不安定な立場で一般病院に
勤務することを選んだんですね。

その後、2007年には
37歳という異例の若さで
NTT東日本関東病院
内視鏡センター医長に就任。

内視鏡治療”ESD”の第一人者で
大腸がんの内視鏡治療症例数が
日本一になるほどの腕前をもつ
日本屈指のお医者さんです。

そんな大圃研さんですが
さらに凄い所が沢山あるのです。

スポンサードリンク

大圃研は内視鏡治療のスペシャリストでスゴイ!

休みは基本的になし

病気で入院している患者さんは、
平日も土日も朝も夜も関係ない
ということから、大圃研さんは
土日も回診をしているようです。

さらに土日は地方講演などがあり
多忙な日々を送っているようです。

平均睡眠は3~4時間ということで、
かなり少ないですよね。

志や考え方が素敵

大圃さんの想いは
「多くの患者さんを救いたい」
ということ。

ここまでは、
よくあると言っては失礼ですが
ほとんどの医師が思っている
だろうことですが

大圃研さんは、そのため
「人を育てる」ことに力を注いでいます。

「僕が1人で100人の
患者さんを救うよりも、
僕が100人の医師を育て、
その各々が100人ずつ
救うことができれば、
10,000人の患者さんを救うことが
できるようになるじゃないですか。」

ということもおっしゃっています。

良く聞く言葉ではありますが、
実際に地方や海外に
講演をしに行っていて、
有言実行しているところがすごいです。

大圃さんは月給2万円時代も
経験しているし
お金のために働いている
というよりかは

本当に命を救いたいと思って
仕事をしているということが
ひしひしと伝わってきます。

次ページ|大圃研さんの妻(嫁)や子供、年収は?

1 2