オーストラリアで美女が転落死!殺人か事故か会話録音で真相や裁判の結果は?【世界法廷ミステリー】

こんにちはMATSUです。

10月27日放送の土曜プレミアムは

世界法廷ミステリー10

今回は死者からのメッセージ

という事件現場に残された

音声やダイイングメッセージなどの

謎に迫まるようです。

本記事では、その中の一つ

『殺人か事故か?美女の転落瞬間まで録音84分間』

について調べてたいと思います。

オーストラリアに訪れていた

ニュージーランド人の美女が

ビルから謎の転落死。

現場は、直前には

出会い系サイトで知り合った

イケメン男性の自宅マンション。

ブラッドピットに少し似てますね。

この事件は殺人なのか事故なのか

その真相について見ていきましょう。

スポンサーリンク

オーストラリアで美女が転落死!事件の概要は?

それではまず事件の概要から。

事件があったのは2014年8月で

場所はオーストラリアのリゾート地

ゴールドコーストでした。

被害者はニュージーランド人女性の

ワリエナ・ライト(Warriena Wright)さん

当時26歳。

ゴールドコーストにある

サーファーズパラダイス地区の

高層マンション14階のバルコニーから

転落し、亡くなりました。

事件現場のマンションは、

ワリエナライトさんが

住んでいたのでなく、

出会い系サイト「Tinder」で

知り合ったボディビルダーの男性

ゲーブル・トスティー(Gable Tostee)さん

30歳の住んでいたマンション

だったそうです。

そして驚くことに、

事件があったその日に

二人は初めて会ったという話。

ニュージランドからはるばる

オーストラリアまで来て

亡くなってしまうなんてと

不憫に思う反面、

初めて会う男性の部屋に訪れる

という行為には少し、

思うところもありますね。

さて、では一体なぜライトさんは

マンションの14階から

転落してしまったのでしょうか。

スポンサードリンク

ゲーブル・トスティーが事件前の会話を録音?

転落したライトさんは、

落下後に即死してしまいました。

「死人に口なし」で

事件について知る人は

ゲーブルトスティさんただ一人

となったと思われたのですが

驚くことにトスティさんは

ライトさんとの会話すべてを

自身のスマートフォンに

録音していました。

その音声データには

死亡する直前の二人の会話、

仲睦まじい様子から一転、

激しく争う声や物音などが

記録されていました。

その記録の中には

30回以上にも及ぶ、

女性の「NO」という悲鳴も

含まれていました。

これらの記録から、何らかの形で

ライトさんを脅しながら

バルコニーに追い詰め、

死に追いやった可能性があるとして

トスティーさんは殺人容疑で

逮捕・起訴されていたのですが

トスティーさんは無罪を主張。

弁護側と検察側で意見が真っ向に

対立する形となりました。

そもそも何故、会話を録音していたのか

という謎が生まれるわけですが

それについては英語の記事などを

探しても見つけられませんでした。

ワリエナ・ライトの転落死は殺人or事故(自殺)?真相は次ページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする