鍵善良房くずきり(京都)の通販取り寄せは?東京で催事もある?林修のニッポンドリルで風間俊介が絶賛!

こんにちはMATSUです。

11月14日放送の

林修のニッポンドリルは、

「林修先生推薦の手土産に
持っていけば絶対に喜ばれる『和菓子』」

を特集します。

今回は第3弾となるわけですが

実はこの企画の第1弾と第2弾は

番組の視聴率トップ1,2らしいです。

今回放送の第3弾で紹介されるわらび餅はこちらです。

芳光わらび餅の通販取り寄せや買える(販売)場所は東京の催事も?林修のニッポンドリルで手土産に!

そして、くずきりは京都の

鍵善良房のくずきりが紹介されます。

(おそらく、、、)

そこで今回は、鍵善良房のくずきりの

通販取り寄せや東京での催事など

調べてみました。

スポンサーリンク

京都『鍵善良房』のくずきりが林修のニッポンドリルで紹介!

出典:http://www.kagizen.co.jp/

京都にある和菓子屋

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」さん

創業は1716~1736年の間で

300年近く続く歴史ある名店です。

鍵善良房に訪れた人のほとんどが

名物のくずきりを

頼むほどだそうですよ。

基本的に行列に並ぶことはないと

公言している林先生が

「日本で行列に並ぶ
お店は2つしかない」と言う中の

1店が鍵善良房さんです。

このくずきりに使われている葛粉は

奈良県にある創業400年の

「森野吉野葛本舗」の葛。

この葛と水だけで作られていて

黒蜜には沖縄の波照間産の

黒糖を原料にしています。

滑らかな喉越しと

もちっとコシのある食感、さらに

黒蜜はコクがあり、さっぱりと

極上の一品になっています。

くずきりは手打ちそばと同じく

新鮮さが大事で

時間が経つと白くなり

コシもなくなります。

なので、鍵善さんでは昔から

注文を受けてから作り始める

スタイルをとっています。

1個900円と割とお高めですが

お店の人いわく

1日に600杯も売れるくらい

毎日多くの人が訪れています。

スポンサードリンク

和菓子屋・鍵善良房の場所や営業時間など店舗情報は?

京都祇園、八坂神社の

近くにある本店と

高台寺にお店を構えています。

【鍵善良房 四条本店】

住所:京都市東山区祇園町北側264番地

電話:075-561-1818

営業時間:菓子販売 9時~18時
喫茶 9時30分~18時
ラストオーダーは閉店約15分前

定休日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)


【鍵善良房 高台寺店】

住所:京都府京都市東山区下河原町471

電話:075-525-0011

営業時間:10時~18時
ラストオーダーは閉店約15分前

定休日:水曜日(祝祭日の場合は翌日)

鍵善良房くずきりの通販お取り寄せは?

林先生も並ぶ、鍵善良房のくずきり。

その通販お取り寄せはですが、

残念ながらありませんでした。

くずきり以外の菓子は

オンラインショップで

購入出来たりもしますが、

お店に来てもらいたいという気持ちと

美味しいものを提供するため

注文を受けてから作るスタイルなので

通販は今後もないでしょうね。

林先生も、番組で紹介し

試食できることを

奇跡と言っていました。

やはり京都に旅行に行った際に

行くのが妥当かもしれませんね。

スポンサードリンク

鍵善良房は東京で催事もある?

鍵善良房のくずきりは、

店内でしか食べられないと

思っていたのですが、

どうやら、催事など

行っているみたいですよ!

京都遠いな~と思っていたので

私にとっても朗報です!

ただこれも、毎年

出品しているわけではなく

確認できたのは2014年、

2017年、2018年でした。

京名物 洛趣展というもので

毎年11月上旬に開催していて、

場所は東京の日本橋三越本店

7階催物会場となっています。

2018年も開催していたのですが

11月7日~12日で、放送がある日には

既に終わってしまっています。

この催事がタイミングよく

重なったため、収録で

試食が出来たんでしょうかね?(笑)

2019年も出品するかは不明ですが

11月が近づいて来たら

要チェックですよ。

スポンサードリンク

鍵善良房のくずきり まとめ

今回は、300年近く歴史がある

老舗の名店「鍵善良房」の

くずきりについてでした。

美味しく食べてもらうために、

材料や提供方法にこだわっていて

さすが老舗といった感じです。

京都に立ち寄った際や

東京での催事の時など

是非とも一度は食べてみたいですね。

芳光わらび餅の通販取り寄せや買える(販売)場所は東京の催事も?林修のニッポンドリルで手土産に!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする