グラスマン(巨大未確認生物/UMA)の特徴と写真・画像や動画は?ゴリラとは違う?【世界まる見え】

スポンサードリンク




こんにちはMATSUです。

皆さんは未確認生物・UMAといった

生物を信じているでしょうか?

正直、自分で目撃しなければ

信じるのは難しいですよね。

11月26日放送の「世界まる見え」では

巨大未確認生物グラスマン

の命懸けの捕獲作戦が

放送されるようです。

未確認生物グラスマンは

アメリカのオハイオ州などで

目撃情報が多いみたいですが、

今回はグラスマンがどのような生物なのか

特徴や生態などと写真・画像や動画

など調べてみました。

スポンサーリンク

未確認生物・UMAとは?

そもそも未確認生物とは、

世界で多数の目撃例や伝聞などによって

情報はあるものの捕獲には至らず

実在が確認されていない生物の事。

UMAというのは未確認生物と同義で

日本の造語でもあり、

謎の未確認動物を意味する

Unidentified Mysterious Animal

の頭文字になっています。

例えば、有名なところで言うと

ネス湖のネッシーや

ツチノコなどが未確認生物です。

本当にいるのかと疑問には思いますが

この手の研究する学問は

隠棲動物学と呼ばれていて、

動物学に分類されているんですね。

UMA・未確認生物と聞くと

オカルトチックではあるのですが、

地球上にまだ私たちが知らない

生物が存在するのは、

当たり前といえば当たり前ですよね。

ゴリラやオカピなども

元々は未確認生物(UMA)と

されていた生物みたいですよ~。

巨大未確認生物グラスマンの特徴は?

では、今回世界まる見えテレビ特捜部で

命がけの捕獲作戦が放送される

巨大未確認生物グラスマンについて。

近年、アメリカのオハイオ州をはじめ、

様々な州で目撃されているというグラスマン。

オハイオで発見されたことから

オハイオ・グラスマンとも呼ばれています。

その特徴は以下の通り

目撃場所:ケンタッキー州、オハイオ州、インディアナ州

高さ(推定身長):5〜10フィートの範囲。一般的に6〜7フィート(約1.8m~2.1m)の範囲。

足跡:長さ10~20インチ(約25~50センチ)で3本のつま先

推定重量:300~1000ポンド。一般的には350~500ポンド(約136~227キロ)

見た目は尖った頭頂部を持っており

顔はゴリラに似ているとのこと。

筋骨隆々で全身は黒褐色の毛に

覆われていてるみたいです。

目撃証言の中には、黒褐色ではなく

茶色や、真っ白だったという証言も

あるそうですが、、、。

また臭いも強烈で卵が腐ったような

腐敗の臭いのような強い臭いがあり、

また数日経っても、その場所には

臭いが残るほど。

シカの群れを追いかけていたという

目撃証言もあり、またグラスマンが

棲息していたと思われる洞窟から

シカの臓器などが見つかっていて

非常に積極的な性格であるとされています。

グラスマンはゴリラとは違う?

外見から見ると、ゴリラや

類人型UMAのビッグフットやイエティ

と似ているため、見間違いではないか

という考えもあるのですが、

足跡は3本の指の形跡しかないため

見間違いではないということみたいです。

三本の指と言うのは

イエティやビックフットなど

他の類人猿型未確認生物とは

決定的な違いということで、

似ているとしても

近似種や亜種なのではないか

とされているとのことです。

グラスマン(巨大未確認生物/UMA)の写真・画像や動画は?

こちらがオハイオグラスマンの

写真になります。

ユーチューブにも、オハイオグラスマンの

動画があるのですが、

どれも本当かどうかは極めて怪しいですね。

変装すれば、それっぽくは撮れますし

やはり未確認生物は、

どうしても疑ってかかってしまいますな。

グラスマン(巨大未確認生物/UMA)まとめ

今回は、巨大未確認生物の

グラスマンについて調べましたが

個人的にはあまり存在を

信じられないですね(笑)

ただ、ゴリラやオカピが

かつては未確認生物だったと聞くと

未確認生物というのはオカルトではなく

実際にただ人間がまだ

見つけていないだけの生物

なんだなと意識することが出来るので

多少信ぴょう性はあるとは思います。

未確認生物が、発見・確認されて

ただの生物になる瞬間を

ニュースでも良いので一目見たいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする