荻田和秀の経歴や病院の場所は?産科医兼ピアニストのwiki風プロフィール【プロフェッショナル 仕事の流儀】

なぜ漫画「コウノドリ」のモデルになったのか

荻田さんはドラマにもなった人気漫画「コウノドリ」

主人公の鴻鳥(こうのとり)サクラのモデルとなっています。

なんでも漫画家の鈴ノ木ユウさんの奥様のお産を担当したのが縁だったそうで

後日、奥様から出産のときにお世話になった先生が

産婦人科医でありながらピアニストという異色な経歴で

「おもしろい」ということになり、荻田さんをモデルにした話を

描きはじめたのがキッカケなんだとか。

このような出会いから人気漫画が生まれるなんて

すごいですよね^^

本当に何があるかわかりませんね笑

荻田和秀が勤める病院の詳細

りんくう総合医療センター

住所:大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23

りんくう総合医療センターの良い点・オススメポイント

総合病院ということで設備などが整っている。

出産の翌日から母子同室なので、子どもの様子を見ることができ、

母親の実感がわく。

りんくう総合医療センターの改善して欲しいポイント

総合病院なので、救急搬送なども多々あり、忙しい時は人手が足りてない時も

ある。呼んだらきてくれるが、陣痛時などはほとんど一人場合も。

スタッフの対応

陣痛が起きたときから電話で詳しく話を聞いてもらえて、

しっかり対応してもらえるそう。

総合病院ということで個人の病院よりは淡々としているかもしれない

院内の設備

個室もあり、大部屋は母子同室の4人部屋でした。

4人部屋は、そんなに狭くもなくテレビを見ることも出来る。

部屋にトイレ、お風呂、給湯室もあり、

お見舞いの人用のトイレも別に設置されている。

面会やお見舞いの人や時間も徹底していて、

入口にはカギがないと入れないようになっている。

入院時の食事やその他のアクティビティについて

食事は栄養もしっかりして病院食でも充分美味しい。

出産後には祝い膳のような豪華な食事が1日あり。

出産後3日目くらいはオイルマッサージをしてくれて、

産後の疲れをリフレッシュ。

栄養指導や調乳指導など、退院してからのことを考えた勉強会があり、

他のお母さんとも交流することが出来る。

出典 http://mamari.jp/5492

総合病院ということで施設はしっかりしているでしょう。

ただ多くの患者さんがいるため

一人一人丁寧に対応する時間はないのかなといった感じ。

まとめ

産科医でジャズピアニストという経歴を持つ

荻田和秀さんプロフェッショナル 仕事の流儀

出演するという事で調べてみました。

日々命を扱っている人の発言や思っていることを

聞けるというのは大変貴重ですし

仕事に対する心構えなども参考になる部分があると思うので

大変楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする