指紋の神様・塚本宇兵の現在やwiki経歴は?解決事件と第二の三億円事件真相は?【アンビリバボー】

どうもMATSUです。

人間って不思議ですよね。

そして人間の持つ

指紋もまた不思議です。

  • 指紋は1人1人異なり同じものが存在しない
  • 生まれ持った指紋は一生変わらない
  • 傷ついても同じ指紋に再生する

不思議というほかないでしょう。

ただ、これのおかげで

確実な本人の証明ができ

事件が起きたとき、

動かぬ証拠となります。

今回、取り上げるのは

指紋の神様と呼ばれる

塚本宇兵(つかもとうへい)さん。

塚本さんは、9月13日に放送される

アンビリバボーで取り上げられる

有楽町三億円事件を解決に導いた

鑑識課の一人です。

指紋の神様と呼ばれている

塚本宇兵さんの現在や経歴、

過去に解決した事件など

調べてみました。

スポンサーリンク

指紋の神様・塚本宇兵のwiki経歴・プロフィール

  • 名前:塚本宇兵(つかもとうへい)
  • 生年月日:1936年1月
  • 年齢:82歳
  • 出身:茨城県

第二の三億円事件と呼ばれた

有楽町三億円事件の

解決の立役者、塚本宇平さんは

1936年1月に茨城県で生まれます。

高校卒業後の1955年に

警視庁巡査となり

1965年、29歳の時に

刑事課に属し、憧れの刑事に。

しかし2年後、31歳の時に

鑑識課指紋係に異動。

それ以来、指紋一筋で

数多くの事件を解決に導きました。

1995年には、功績が認められ

指紋捜査の人間国宝とも言える

警察庁指定の広域技能指導官に認定。

指紋の神様と

呼ばれるようになります。

スポンサードリンク

塚本宇兵の解決事件や第二の三億円事件の真相は?

1967年、指紋課に配属となった

指紋の神様・塚本宇平さん。

異動したその年に、

指紋で事件を解決しています。

指紋一つが事件をひっくり返し

塚本さんの中で指紋に対する

考え方が変わったそうです。

そしてその翌年に

府中三億円事件が起こったんですね。

その事件には塚本さんも

関わっていたのですが

当時、鑑識課の身分は低く

捜査一課が優先。

事件発生から4年は

本格的な捜査が

できなかったそうです。

そのタイムロスがあってか

犯人のものと思われる

指紋を入手しながらも、

間に合わず時効。

未解決事件となってしまったのです。

指紋鑑定には相当な時間が

かかりますからね。

指紋鑑定の可能性を知っていた

塚本さんからしたら

早く捜査がしたいと

もどかしい気持ちだったでしょう。

なので1986年に起きた

第二の三億円事件は

塚本さんにとって雪辱を果たすべく

捜査となります。

この事件で鑑識課は

600万人もの指紋を鑑定。

相当な量ですが、もう執念ですね。

指紋を照合し続ける中、

事件発生から11か月後に

フランス警察から

送られてきた指紋と、

現場に残された

犯人の指紋が一致。

事件を解決に導いたのです。

鑑識課、配属2年目で起きた

府中三億円事件。

この悔しさが、塚本さんの覚醒に

つながったんですね。

そんな塚本さんが

これまで解決してきた事件には

こういった大きな事件があります。

  • よど号ハイジャック事件
  • 有楽町3億円事件
  • オウム事件

これ以外にも数多くの事件を

解決しているでしょう。

そして今では鑑識課は

捜査一課すら立ち入り禁止に出来る

立場へと変わっていますよね。

スポンサードリンク

指紋の神様・塚本宇兵の現在は?

指紋の神様、塚本宇兵さん。

2001年65歳の時に

警視庁鑑識研究所長を辞めた後

警察大学校などで

講師を務めていました。

その後は

日本シークレット・サービスの

主任研究員となり

民事事件の指紋鑑定を行っています。

塚本さんは今年82歳、

現在の詳細な情報は

わかりませんでしたが

さすがに現役は退いている

と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする