舞茸は血糖値を下げる?上昇を抑える効果的な食べ方や注意点と成分・栄養・ビタミンD食材は?

こんにちはMATSUです。

11月6日の名医とつながる!たけしの家庭の医学で

血糖値の上昇を抑える食材について

取り上げられるみたいです。

高血糖を防ぐ食材として

有名なのは、舞茸ですよね。

今回は、そんな舞茸について

上昇を抑える効果的な食べ方や成分・栄養

など調べてみました。

スポンサーリンク

舞茸は血糖値を下げる?成分や栄養は?

脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などを

引き起こす危険がある高血糖。

そんな高血糖を改善するとして

注目を集めているのが舞茸です。

そんな舞茸の栄養成分は

日本食品標準成分表によると

以下のようでした。
(100gあたりの栄養価)

  • タンパク質 3.7g
  • 脂質 0.7g
  • 炭水化物 2.7g
  • 飽和脂肪酸 0.1g
  • 多価不飽和脂肪酸 0.1g
  • 一価不飽和脂肪酸 0.1g
  • ナトリウム 1mg
  • カリウム 330mg
  • 水溶性食物繊維 0.3g
  • 不溶性食物繊維 2.4g
  • 鉄 0.5mg
  • ビタミンB6 0.1mg
  • マグネシウム 12mg
  • カルシウム 1mg
  • ビタミンD 3.4µg

その中でも血糖値を下げる、

上昇を抑えると言われているのが

食物繊維と「MXフラクション」。

「MXフラクション」とは、

舞茸だけに含まれている成分

と言われているのですが、

血糖値上昇を抑えるインスリン

受容体の感受性を高め

血糖値の上昇を緩やかにします。

放送ではビタミンDが

血糖値の上昇を抑えてくれる

栄養素として紹介されるので

色々な面から舞茸は

高血糖にいい食材と言えますね。

またカロリーも低く、

キノコキトサンが

腸管からの脂肪吸収の

抑制してくれるので

ダイエットにもいいですし

コレステロールの吸収を抑え

排出を促進してくれるので

高血糖だけでなく健康維持には

抜群の食材とされています。

舞茸って他のキノコにはないような

旨味があって美味しいですよね。

美味しくて健康にも良いなんて

最強の食材じゃないでしょうか?

スポンサードリンク

血糖値の上昇を抑えるマイタケの効果的な食べ方や注意点は?

マイタケは血糖値の上昇を抑える

ということですが、

では効果的な食べ方や注意点は

あるのでしょうかね?

ビタミンDは脂溶性ビタミンなので

油と一緒に調理して摂取することで

吸収力が高まります。

ただ長時間の過熱は

あまりよくありません。

そして、カルシウムとビタミンDを

一緒にとることで、インスリンの働きを

上昇させるとのことですので

まいたけをたべるときはカルシウムも一緒に。

また以前、違う健康番組では

血糖値を抑える舞茸のレシピとして

まいたけのスープがおすすめ

されていました。

まいたけには水溶性食物繊維

の他にも水溶性の栄養が

含まれているので

水で洗ったりすると

栄養素が落ちてしまうという

注意点があります。

なので、茹でる調理法の時は

汁ごととれる料理がいいです。

だからスープなんでしょうね。

また食べる順番としては

炭水化物をとる前に食べた方が

効果的のようです。

そして、朝食にまいたけをとると

朝食後だけではなく

昼食の後の血糖値上昇を

抑えてくれる効果があるそうです。

スポンサードリンク

まいたけ以外のビタミンDが豊富な食材は?

食物繊維、ビタミンDなど

血糖値にいいとされる

まいたけですが、どうしても

まいたけが食べれないという人も

いるかと思います。

なのでビタミンDが多く含まれる

食品を調べてみました。

魚に多く含まれているようで

イワシ(丸干)や、さんま、しらす干し

カレイ、さけ、ブリ、いくら

などが多いみたいです。

また野菜だと、きのこ類に多く

しいたけや、エリンギ、ほんしめじ

きのこではないですが

きくらげに多く含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする