相田みつをと妻・平賀千江の馴れ初めは?息子と妻の職業や長渕剛との関係も調査!【爆報フライデー】

どうもMATSUです。

『にんげんだもの』

この言葉ご存知ですよね?

皆さん一度は

『だって○○だもの』と

そのまま”人間”を入れて使ったり

自身でパロディを作って

使ったりした経験が

あるんじゃないでしょうか?

さて今回取り上げるのは、

この『にんげんだもの』を

生み出した相田みつをさんと

妻の平賀千江(ひらがちえ)さんについて。

9月14日放送の爆報フライデーに

妻の平賀千江さんが

緊急出演するそうですし。

二人の馴れ初めであったり

平賀千江さんや

息子の相田一人(あいだかずと)さんの

職業や経歴など調べてみたいと思います。

天才書家に振り回された妻と息子さんは

一体どんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

相田みつをの妻・平賀千江の経歴プロフィール

日本の詩人で『いのちの詩人』

とよく言われる相田みつをさん。

その妻である平賀千江さん

でありますが、

あまり情報がないんですね。

わかっていることは現在

・91歳であるということ。

1926~1927年生まれになりますな。

そして

・大きな商家の末娘。

でお嬢さんだったということ。

相田みつをさんが30歳

平賀千江さんが27~28歳の時、

1954年に二人は結婚しています。

不器用で当時、収入のなかった

相田みつをさんとの結婚に

周りは反対したそうです。

相田みつをさんが世間に

広く知れ渡ったのが1984年の

詩集『にんげんだもの』

ですからね。

30年間は、ひもじい生活を

していたのかもしれません。

スポンサードリンク

相田みつをと妻・平賀千江の馴れ初めは?

詩人・相田みつをさんと

大きな商家の末娘・平賀千江さん。

そんな二人の馴れ初めですが

出会いは歌会だったそうです。

私は歌会というものに

馴染みがないのですが

歌会とは、

『お題に応じて詠んだ和歌を互いに披露し
鑑賞や批評を行う会合』

です。

2004年に放送された

「にんげんだもの -相田みつを物語-」

の一幕には、

千江と初めて言葉を交わした日、
光男は「千江」「逢」という文字を
何度も書いた。

最初はしっかりとした楷書だったが、
やがて自由でやわらかな字体へと
変化していった。

千江を思いながら心のままに書く書が、
光男は楽しくて仕方がなかった。
それは、光男の書に“命”が
吹き込まれた瞬間でもあった…。

というものがありました。

一目惚れでしょうかね。

書道家としての実力もあり

短歌など歌にも精通していた

相田みつをさんは

当時、大層モテていたらしいので

そんな人から言い寄られ

平賀千江さんも

恋に落ちてしまったのでしょうな。

それに詩人ってなんか

ロマンチストっぽいですし。

スポンサードリンク

相田みつをの息子 相田一人の職業は?

相田みつをさんと

妻・平賀千江さんの二人には

男の子と女の子のお子さんがいます。

結婚した翌年、1955年に

誕生した長男の

相田一人(あいだかずひと)さんは

出版社を経て、現在は

相田みつを美術館の館長を

されています。

相田みつをさんに収入が

あまりなかったため

息子の一人さんも

苦労したことでしょうな。

なんでも、家族四人は

八畳一間で暮らしていたが、

相田みつをさんだけは

三十畳のアトリエを独占していたと。

創作のためかもしれませんが

子供だとしても、なかなか

受け入れがたいですね笑

こういうエピソードを知ると

他にも相田みつをさんに

振り回された過去がありそう

だと思ってしまいますね。

スポンサードリンク

相田みつをと長渕剛の関係は?

今回、爆報ザフライデーで

相田みつをさんの無名の作品を

大物歌手が広めたという話題が

あがるそうですが

その大物歌手は長渕剛さん。

なんでも、1993年にリリースされた

『RUN』の歌いだしが

相田みつをさんの歌集からの

盗作ではないかという疑惑が浮上。

長渕剛さん本人も

インスパイアされたと認め

遺族に謝罪したそうですな。

インスパイアとかビッグバネイトとか

世の中に溢れていますが

相田みつをさんの詩は

独特なので、すぐにバレそうです。

遺族側は長渕剛さんに

インスパイアを光栄だと伝え

次のシングルにも、

相田みつをの作品『にんげんだもの』

から一部引用をしています。

相田みつをさんは1991年に

亡くなられているので、

長渕さんと直接の対面は

なかったと思いますが

いろんな人に影響を

与えていることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする