長靴をはいた猫(色鉛筆画家)の作品やwikiプロフィールは?制作動画や使ってる色鉛筆は?【ソノサキ】

こんにちはMATSUです。

12月18日放送のソノサキに

色鉛筆で写真のような絵を描く

長靴をはいた猫さんが出演します。

その絵がSNSで話題となり、

報道・情報番組でも取り上げられてます。

今回はそんな長靴をはいた猫さんの

作品やwikiプロフィールと

制作動画や使用している色鉛筆

について調べてみました。

スポンサーリンク

長靴をはいた猫(色鉛筆画家)の経歴やwikiプロフィールは?

  • 名前:長靴をはいた猫
  • 本名:阿部
  • 生年月日:2002年3月8日?
  • 年齢:16歳
  • 出身:京都府
  • 高校:京都府立の高等学校

写真のような絵を色鉛筆や鉛筆を

駆使して描きSNSで話題となった

長靴をはいた猫さんは、

京都府出身、現在16歳で現役の高校生。

番組でも取り上げられるユキヒョウ。

何も知らずに見たら、鉛筆で描かれている

と判断するのは難しいほど

繊細に描かれていますよね。

これだけ上手い絵を描くには

相当な練習を重ねたと思ったのですが、

小さい頃から絵を描くのが好きだったが

本格的に絵描きを始めたのは

中学生3年生の頃からだそう。

また色鉛筆は高校の入学祝いで

買ってもらったそうなので

色鉛筆歴も2年に満たない計算に。

基本的に独学で、親や

ツイッター上の絵が上手い人に

アドバイスをもらって練習しているみたい。

才能ですね~。

長靴をはいた猫の使っている色鉛筆は?

長靴のはいた猫さんの

使っている色鉛筆は

120色の少し高価な色鉛筆

「ファーバーカステルのポリクロモス」

15000円くらいする色鉛筆になります。

また長靴をはいた猫さんは

色鉛筆以外にも紙にこだわりがあり

色にムラのあまり出ない「ケント紙」

という紙を使っているようですね。

長靴さんだけではなく、画家の方は

当たり前のようにこだわる

部分かもしれませんね。

長靴をはいた猫の作品や制作動画は?

これまで、その実力から

めざましテレビ、NEWS ZERO、

ヒルナンデス、王様のブランチ、

そしてソノサキと数多く

メディアに取り上げられている

作品を見ていきましょう。

https://twitter.com/erumo_0384/status/963758380039864321

動物、宝石は長靴をはいた猫さんを

世間に広めた作品。

その完成度は本物のよう見えますね。

人物画も描いています。

十分うまいですが練習中とのことです。

こちらはユキヒョウの制作過程動画。

本当に色鉛筆しか使っておらず

下書きの紙には毛並みのような傷を

つけてから描いたみたいです。

制作時間はだいたい30時間。

宝石などは8時間で描けるものもあれば

24時間のものであったり

時間をかけて制作をしています。

そしてこちらが、今回ソノサキでも

取り上げられる初めての仕事ですかね?

16歳ながらこの画力、末恐ろしいですね(笑)

長靴をはいた猫さんまとめ

今回は、色鉛筆画家の

長靴をはいた猫さんについてでした。

作品を見ましたが、神業とも呼べる

作品になっていましたね。

将来はイラストレーターになりたい

とテレビのインタビューで

答えていましたので、

高校卒業後に働くのか

芸術系の大学で勉強しながら

仕事をこなすのか

今後の活躍にも注目したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする