伊藤聡美(デザイナー)の経歴や年収と紀平梨花フィギュア衣装値段は?結婚や年齢や大学も【ソノサキ】

スポンサードリンク




こんにちはMATSUです。

皆さんはフィギュアスケートの

衣装デザイナーである

伊藤聡美(いとうさとみ)さんを

ご存知でしょうか。

フィギュア界の新ヒロイン

紀平梨花選手のジャンプを高く

美しく跳ぶための繊細な衣装作りを

手がけたのも伊藤聡美さんみたいです。

その他にもトップスケーターの

羽生結弦選手や宇野昌磨選手、

そして本田真凜選手などの

衣装をデザインしているのです。

今回は、そんな伊藤聡美さんが

一体どんな人物なのか、

大学など経歴や年収と結婚した夫や子供はいるのか

また紀平梨花選手などフィギュア衣装の値段

について調べてみました。

スポンサーリンク

伊藤聡美(フィギュア衣装デザイナー)の大学や年齢などwikiプロフィールは?

  • 名前:伊藤聡美(いとうさとみ)
  • 生年月日:1988年5月31日
  • 年齢:30歳
  • 出身:千葉県
  • 学歴:服飾専門学校『エスモードJAPAN』

千葉県出身の現在30歳の伊藤聡美さん。

まだお若いのに有名スケーターの衣装を

依頼されるとは、、、。

母親が若い時に、オートクチュールを

縫う仕事をしていたそうで、

伊藤聡美さんもお母さまから

手作りの洋服を作ってもらい

それを着て育ちました。

環境からなのか、母親の血からなのか

伊藤聡美さんは高校卒業後

服飾専門学校のエスモードジャパンに入学。

元々はモードファッションの

デザイナーを目指していたそうで

2008年の神戸ファッションコンテスト

では『建築から生まれる服』という

作品で特選を受賞しています。

その後は、イギリスの

ノッティンガム芸術大学へ1年半、

留学をしています。

伊藤聡美の経歴は?フィギュア衣装デザイナーへのきっかけは?

モードファッションのデザイナーを

目指していた伊藤さんが

フィギュアスケートの

衣装デザイナーになったのは

どうしてなのでしょうかね。

伊藤さんは学生時代から

フィギュアスケーターの

浅田真央さんの大ファンで

フィギュアスケートの観戦が

趣味だったそうです。

専門学校で授業を受けた後に

バズーカと課題を持って

フィギュア観戦に遠征

したりもしていたみたい。

そしてノッティンガム芸術大学に留学

している時に将来の事を考えるようになり

好きだったフィギュアスケートの

衣装に携わりたいと思ったんだと。

帰国後は、バレエやダンス衣装の制作で

有名な老舗ブランド『チャコット』に就職。

フィギュアスケート部門が無かったので

共通点の多い社交ダンス部門で

4年間働き、2015年に独立しました。

現在は、

  • 紀平梨花選手
  • 羽生結弦選手
  • 宇野昌磨選手
  • 宮原知子選手
  • 本田真凜選手
  • 白岩優奈選手

など、そうそうたる

フィギュアスケート選手の

衣装をデザインしている

デザイナーさんです。

伊藤聡美が手がけたフィギュア衣装のデザインは?

伊藤聡美さんが手掛けてきた

フィギュアスケートの衣装はこちら。

紀平梨花選手の衣装

https://twitter.com/online_on_ice/status/937614264591777792

羽生結弦選手の衣装

https://twitter.com/StmitoD/status/1016223185509838848

宇野昌磨選手の衣装

宮原知子選手の衣装

本田真凜選手の衣装

白岩優奈選手の衣装

この他にも、たくさんの衣装を

手掛けていらっしゃいます。

紀平梨花選手などフィギュアスケート衣装の値段は?

これだけ鮮やかで美しい

フィギュアスケートの衣装の値段って

いくらくらいするものなんでしょう。

紀平梨花さん個人の衣装がどれほどかは

わかりませんでしたが、

調べてみると、既製品の衣装であれば

1着10~20万円ほどとなっています。

プロになる前の選手やジュニアの選手は

先輩からのおさがりや、母親の手作り衣装

などを使っている選手もいたりします。

しかし、オリンピックに出場するような

トップスケーターの衣装となると、

伊藤聡美さんに依頼するような

フルオーダーメイドとなります。

伊藤さんの場合は、

ホームページを確認してみると

男女ともに20万円前後の予算から

制作を受け付けているようです。

ただ伊藤聡美さんがファンであった

浅田真央さんの衣装なんかは

100万円するなんて話もありましたから

羽生結弦選手然り、伊藤さんに依頼している

トップ選手であれば衣装には

かなりお金をかけているのでは

ないかなと思いますね。1着50万とか。

そんなに高いのか!と思ったのですが

デザイン性や装飾の美しさは勿論

競技なので

  • 衣装のパーツが表情に落ちると減点
  • 男子は靴が隠れる長ズボン着用

といった明確なルールが存在し、

また動きやすさや耐久性も

重要になってくるため

それ相応の値段になってしまうんでしょうね。

伊藤さんの場合、衣装が重くならないように

男子は800g、女子は300g程度に

おさめているそうです。

伊藤聡美(衣装デザイナー)の年収は?

中々、高価なフィギュアスケートの

衣装をデザインしている伊藤さんの

年収はいくらくらいなのかですが

伊藤さんは2017-2018シーズンは

50着もの衣装を手掛けました。

ただフィギュアスケートの選手は

毎年4〜5月頃に演技構成や楽曲を決めて

その後、デザイナーに衣装の

制作依頼が来るそうで、注文が重なるそう。

なので複数の衣装を同時進行で

制作する事が多く、もちろん

一人では捌けないので

パターン・裁縫。グラデーション染め

などはある程度、工場に外注して

刺繍やビーズ・ストーンなどの装飾を

伊藤さん自ら手作業をしているそうです。

それらを加味して、年収を考えると

1着50万とした場合、50着なので

2500万の売上で

衣装の材料費や、外注費用など

差し引くと1000万円

くらいでしょうか?

チーフクラスの衣装デザイナーで

だいたい年収のイメージが

1000万円以上みたいなので、

独立して、かつトップ選手の

衣装デザイナーを務める伊藤さんも

1000万円以上は稼いでいるでしょうね。

伊藤聡美の結婚(夫・子供)は?

これだけ実績のある

衣装デザイナーさんだと

ある程度年齢を重ねていると

思ってしまいますが、

伊藤聡美さんはまだ30歳なんですよね。

そんな伊藤さんの結婚情報ですが、

やはり一般の方とあって

情報は見つかりませんでした。

結婚されていてもおかしくないですが

2015年に独立して、おそらく

仕事に打ち込んできたのかなと。

綺麗な方なので彼氏さんは

いそうですけどね。

フィギュア衣装デザイナー伊藤聡美 まとめ

今回は、紀平梨花さんはじめ

羽生結弦さんなど多くの

トップフィギュアスケーターの

衣装をデザインしている

伊藤聡美さんについてでした。

この衣装、かっこいいな、綺麗だなと

思ったものは伊藤さんが

デザインしているものが多いです。

伊藤さん自身も、自分が手掛けた衣装で

選手が世界大会などで結果を残すことは

かなりうれしいと思います。

まだまだ30歳と若いので

これからの活躍にも期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする