お店

SFPダイニング社長・佐藤誠の経歴や年収は?磯丸水産の評判についても【カンブリア宮殿】

皆さまは磯丸水産という居酒屋をご存知ですか?

 

磯丸水産は24時間営業の海鮮居酒屋であり

ここ数年、店舗を増やし続け、急成長を遂げているそうです。

 

そんな磯丸水産を運営する

SFPダイニングの代表取締役社長佐藤誠さんが

10月13日の21時54分~テレビ東京で放送の

カンブリア宮殿に出演します!

 

そこで今回は、磯丸水産の急成長の秘密や

社長の佐藤誠さんについて調べてみたいと思います^^

SFPダイニング社長・佐藤誠のプロフィール

satomakoto

名前:佐藤誠(さとうまこと)

生年月日:1963年(53歳)

大学:国士舘大学体育学部

職業:SFPダイニング株式会社、代表取締役

趣味:バイクでツーリング音楽鑑賞

 

 

佐藤さんは国士舘大学を卒業後

1986年4月、銀座レストラン高松に入社

1988年10月、旧サムカワフードプランニング株式会社入社

2003年4月、旧サムカワフードプランニング株式会社 取締役営業本部長

2003年12月、旧サムカワフードプランニング株式会社 取締役開発本部長

2011年5月、サムカワフードプランニング株式会社(現FSPダイニング) 取締役商品本部長

2011年10月、FSPダイニング株式会社 取締役常務執行役員商品本部長

2013年1月、FSPダイニング株式会社 代表取締役社長

 

 

と、このような経歴を歩んでこられています。

最初は違う会社に入社してますが、現FSPダイニングに転職以降

出世街道を歩んでますね^^

 

私は過去に飲食店でのアルバイト経験があるのですが

社員さん、店長さんは本当に夜遅くまで働いていて辛そうでした。。。

これはどこの飲食店でも同じだと思います。

 

佐藤さんも入社したての頃は、

実店舗で店長などを経験されていると思いますが

体育会系出身ということもあり、ガッツがあったのですかね!

 

60歳で東京マラソンを完走する夢も持っているみたいで

根っからの運動好きなのかもしれません笑

磯丸水産について

続きまして、磯丸水産について見ていきたいと思います。

isomaru

磯丸水産とは、SFPダイニングが展開する海鮮居酒屋で

その特徴は、

テーブルの上にコンロがあり

お客様自身に海鮮を焼いてもらい、海の家やバーベキュー感覚を

味わえるというところ

バーベキューなんて好きな人が多いですし楽しめていいですよね^^

 

また、24時間営業であるというところも

他の海鮮居酒屋には無いサービスとなっています。

残業帰りの方や、時間が不規則な職業の方にとってはありがたいですよね^^

 

また、24時間常に居酒屋というわけではなく

昼は海鮮丼屋となり、幅広いお客様が来店しているそうです^^

この要因が急成長の秘密なんですかね?

 

 

SFPダイニングは磯丸水産の他にも

『鳥良』『きづなすし』など様々な外食チェーンを展開していますが

 

SFPダイニングの2014年9月期の売上高200億の64%磯丸水産が占めたそうで

今現在、磯丸水産は全国に143店舗、

そして年間35店舗のペースで増え続けているそうです。

力を入れているのが窺えますね!!

 

ただ店舗が増えることで悪い評判も目立つようになりますからね。

品質には気を使っているみたいですが

味の方は居酒屋チェーン店だからあまり期待しない方が良いかもしれませんね^^

食べログなどの評判は割と普通でした^^

スポンサードリンク

佐藤誠の年収は?

気になる佐藤さんの年収ですが

 

平成28年2月29日の取締役及び監査役の報酬などの総額は

取締役5名で4376万6000円となっています。

 

取締役の中で代表取締役社長がトップということを考えたら

約1000万円ほどでしょうか?

ただ飲食チェーンの社長って、

常にいろんな店舗に出向いて忙しい印象なので

割に合っているかというとわからないですね。

 

また別の話になってきますが

店長クラスだと年収532万稼げます!となっていますね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回、磯丸水産や運営するSFPダイニング社長の佐藤誠さんについて

調べてみましたが、業績をかなり上げていて

かなり敏腕であることが窺えました^^

 

カンブリア宮殿ではより深く、磯丸水産の躍進について

語られると思います^^

とても楽しみです!