霜降り明星がM-1決勝で千鳥のツッコみパクリ?事実・真相は?どっちが先か検証!

こんにちはMATSUです。

先ほどM-1グランプリが終わって

霜降り明星が優勝しましたね。

イヤーおめでとうございます。

和牛は毎回惜しい所まで行くのに

最後でなかなか優勝に届きませんね。

さてM-1の霜降り明星の

2本目のネタを見ていて思ったのですが

なにやら聞いたことがあるフレーズの

ツッコみがあったなと。

霜降り明星のパクリ疑惑が浮上しているのですが

その真相はどうなのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

霜降り明星がM-1で千鳥のツッコみパクリ?

2018年12月2日放送の

M-1グランプリ。

予選を突破した10組の中から、

3組が決勝に出場し見事、

霜降り明星が優勝を果たしました。

霜降り明星は実際に面白くて勢いもあり

優勝も納得の結果なのですが見ていて、

なにやら聞き覚えのあるツッコみが。

それは、「人でも殺してきたんか」

お笑いをよく見ている人、

千鳥を好きな人であれば

すぐに気が付いたと思いますが

千鳥のノブさんも、過去に

『笑神様は突然に』という番組で

「人でも殺めてきたんか」

というツッコみをしています。

ボケもほぼ同じで、

手を入念に洗うというボケ。

霜降り明星は、千鳥のこのツッコみを

パクった、インスパイアしたのでしょうか?

霜降り明星と千鳥のツッコみはどっちが先?

霜降り明星はノブさんのツッコみを

パクったのかを考えたいと思いますが

まずネット・ツイッターでは大体の人が

霜降り明星がパクったといった

感じで投稿しています。

しかし、よく考えてみると

漫才のネタって、ロケとかと違って

昔作ったネタをまた披露することもある

ストック状態でもあるので、

いつ作ったかによっては、

霜降り明星が先にネタを書いていた

という可能性もあるんですよね。

千鳥の方が有名なので、

そちらが先に思いついた、言った

と思われてしまいますが、

実際のところ、どちらが先なのか

これは霜降り明星が、いつ

M-1決勝で披露したネタを作ったのか

これによって事実は変わって来る

ということになります。

ツッコみどちらが先か問題 事実や真相は?

では、実際どちらが先だったのか

事実、真相を調べてみたいと思います。

千鳥のノブの「人でも殺めてきたんか」

は2017年9月25日放送の

『笑神様は突然に』で言っています。

対する霜降り明星ですが、、

2017年のABCお笑いグランプリ決勝で

M-1グランプリ決勝と同じネタを

しているのが確認できました。

つまり2017年の7月12日ですね。

これよりも前の可能性もありますが。

ロケは放送より前に撮影しているので

実際のノブさんのツッコみ日時は

不明ですが放送されるまで

霜降り明星側は知らないわけですから、

そう考えると霜降り明星の方が

先に「人でも殺してきたのか」

というツッコみを

していたことになりますね。

ツイッターで、若干悪者扱いを

されている霜降り明星、、、

ちょっと不憫ですね。

まとめ

今回は、M-1グランプリ決勝で

霜降り明星のネタが

ワード、パクリ疑惑が浮上したので

調べてみましたが、実際には

パクリではなかったですね。

正直、千鳥の方がYoutubeなどにも

動画が沢山投稿されているので

衝撃といいますかインパクトがあり

霜降り明星がパクったような

印象を受けてしまうのは確かです。

色々と漫才の好みも分かれますし

不満がある人もいると思いますが

これからも頑張ってほしいですね。

個人的にはかまいたちの

二本目のネタがみたかった。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする