みなさんこんにちは!

6月17日放送の初耳学に

生態学者の田邊優貴子さんが

パワフル美女として紹介されます。

 

田邊さんは極地で

未知の生物を発見したりしていますが

極地という厳しい環境で

未知の生物を発見したりというのは

かなり過酷でしょうね。。。

好きじゃないとできない仕事ですよ^^

 

ということで今回は、

過酷な環境で働く田邊優貴子さんが

気になったのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

田邊優貴子の経歴などwiki・プロフィール

 

名前:田邊優貴子(たなべゆきこ)

生年月日:1978年12月13日

年齢:39歳

出身地:青森県青森市

職業:生態学者・国立極地研究所助教

出身大学:京都大学大学院 退学
総合研究大学院大学博士修了

 

極地をフィールドにした生態学者の

田邊優貴子さん。

もともと小学生の頃にテレビでみた

極北の映像に「こんな世界があるのか」と

心を奪われたそうです。

 

大学生になってからは、

世界中を旅をするようになり

大学4年生になる頃、アラスカに。

そこでの自然や大地、植物などに心を奪われ

極地をフィールドにした生態学者になったそうです。

 

そんな田邊さんの家族は

治療の出来ない遺伝子疾患だそうで

自分もいずれその病気に

かかってしまうのでは、という事から

やりたいことをやろうと行動しているよう。

 

田邊さんのウェブサイトを見ると

これまでに10回以上、

極地へと研究や調査に行っていますね。

 

南極や北極は相当寒いんだろうな

とまず思ってしまいますが、

田邊さんは寒いのは嫌ではなく

むしろ心地が良いみたい笑

まさに天職ですな^^

スポンサードリンク

田邊優貴子の結婚や夫は?

極地で生態学的研究をしている

田邊優貴子さん、美人でかわいいです。

結婚はされているんでしょうかね?

 

調べてみると

事実婚状態のようですね!

籍は入れてないけど夫はいるみたい。

 

籍を入れることには興味がないそう

なので今後も事実婚状態でしょうね。

子供も特に欲しいとは思っていないとのこと。

 

ちなみに旦那さんは

動物の研究をされている方で

夫婦そろって、世界中で研究・調査。

 

調査のタイミングなどで

顔を合わす頻度は少ないかもしれませんが

ある意味、お似合いですね^^

 

田邊優貴子の年収は?

さて、国立極地研究所で助教をしている

田邊さんはどれくらいの収入があるんでしょう。

南極観測隊として

極地へと調査にも行っていますし

その都度年収は変化していそう。

 

田邊さんが助教を務めている

国立極地研究所とは大学共同利用機関法人

ということで国立大学と

似たような体制を取っています。

 

なので収入に関しても

国立大学の助教と大差のない年収、

 

と予想できますね。

ちなみに国立大学の助教の平均年収は

400~450万みたいですな。

 

しかし、先ほども言いましたが

田邊さんは南極観測隊として

何度も極地へと調査をしに行っています。

 

南極観測隊の年収について

詳しいことはわかりませんでしたが

貰える人は年収1000万相当で

階級にもよって変動があり案外少ない

という情報がありました。

 

ただ南極にいる間は

お金を使わないので、貯まる一方なんだと。

 

南極という厳しい環境で

調査をするということで

結構給料が良いのかなと思っていましたが

案外安いということで驚きましたね。