谷島ひかる容疑者の顔画像や逃げた理由は?facebookや事件現場は?【埼玉県伊奈町ひき逃げ】

30日夜、伊奈町で

横断歩道を渡っていた男性が

乗用車2台に相次いで

はねられて死亡した事件で、

警察は、運転していた会社員を

ひき逃げの疑いなどで逮捕した

というニュースが報じられました。

今回は、逮捕された

谷島光(やじまひかる)容疑者の

顔画像や逃げた理由、

facebookや事件現場など

追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

TBS NEWSなどの報道機関が

以下のようなニュースを報じました。

先月30日、埼玉県伊奈町でイギリス人の菓子職人の男性が2台の車にはねられて死亡しましたが、警察は2台のうち、現場から逃走していた25歳の女をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

この事件は30日午後11時ごろ、伊奈町栄の交差点で、歩いていたイギリス国籍の菓子職人、グラント・アンドリュー・マキュワンさん(30)が乗用車にはねられ、路上に倒れたところを、さらに、もう1台の乗用車がはねて、そのまま逃走したものです。マキュワンさんは運ばれた病院で死亡が確認されました。

事件発生のおよそ1時間後、羽生市の会社員、谷島ひかる容疑者(25)が「人をはねたかもしれない」と自ら通報してきたため、警察は谷島容疑者をひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕しました。谷島容疑者は容疑を認めているということです。

また、警察は最初にマキュワンさんをはねた狭山市の会社員、松原英一郎容疑者(54)についても過失運転致死の疑いで逮捕しました。

出典:TBS NEWS

つい先日、

吉澤容疑者のひき逃げで

大きく話題になっていたのに

どうして逃げてしまったのか。

そして事件発生が30日夜

ということなので、もしかすると

台風などの影響で視界も悪かった

可能性がありますね。

スポンサードリンク

谷島ひかる容疑者のプロフィールや顔画像は?

逮捕された谷島容疑者の

プロフィールがこちら

  • 名前:谷島ひかる(やじまひかる)
  • 年齢:25歳
  • 職業:会社員
  • 住所:埼玉県羽生市南

顔画像については現在、

報道機関などからは

公表されていません。

谷島ひかる容疑者のフェイスブックは?

25歳ということで

フェイスブックやツイッターなどの

SNSには登録しているだろうと思い

検索してみましたが、

特定するには至りませんでした。

25歳で

埼玉県の高校を卒業している

方はいましたが特定とは

いきませんでしたので

検索結果を一応おいておきます。

Facebook検索結果

事件現場は?

事件があったのは

伊奈町栄の県道交差点の横断歩道

谷島容疑者は

元々対向車線を走っていて、

はねられて飛ばされてきた

イギリス人男性を

2回目ではねてしまいました。

亡くられた男性は信号無視

だったとは思いますが、

現場の状況は

どうだったんでしょうかね。

30日の夜だと、

台風の影響もあったでしょうし

このあたりの街灯は

どうなっていたのか。

スポンサードリンク

谷島ひかる容疑者の逃げた理由は?

さて、ではなぜ谷島容疑者は

その場から逃げてしまったのか

その理由については

「怖くなって逃げてしまった」

と供述しているようです。

1時間後には自主をしているので

ひいてしまった時は

気が動転してしまったのでしょう。

ただ、逃げることはいけませんが。

ネットの反応は?

すぐ止まって通報していれば
もちろんひき逃げにもならず、
事故そのものも、もらい事故判定だったかもしれないのに

出典:yahoo

人間の心理ておもいがけない自体になったら
頭の整理が出来ないのかなぁ?
自分は逃げないと思うが。
実際冷静ではいられないよな。

出典:yahoo

事故があった時間帯、

雨風はそれほど強くなかったという

発言も見られました。

ただ、埼玉県は街灯が少なく

夜は暗くてかなり視界が悪い

場所もあるみたいです。

スポンサードリンク

谷島ひかる容疑者の顔画像や逃げた理由は?facebookや事件現場は?【埼玉県伊奈町ひき逃げ】まとめ

今回は埼玉県伊奈町で

起きたひき逃げ事件についてでした。

タイムリーに吉澤容疑者の

事件の報道があったのに、

逃げてしまった谷島容疑者。

やはり想定外の事が起こると

現実を逃避したいと怖くなって

しまうんでしょうかね?

現場の状況や事件当時の天気、

車のスピードなど、詳細なことは

わかっていませんが、

亡くなられたイギリス人男性の

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする