芸人

ミルクボーイ(内海/駒場)のネタは面白い?同期のお笑い芸人やwikiプロフは?【M-1グランプリ】

今年も漫才ナンバーワンを決める大会

M-1グランプリが開催されます。

 

今回は史上最多となる

漫才師5040組が参加。

選ばれた10組が決勝トーナメントで

チャンピオンを目指します。

 

優勝すればブレイク間違いなし。

不祥事起こさなければという

カッコ書きが加わりますが笑

 

和牛やミキなど有力視されていた

コンビが敗退する中

どんな大会になるのか。

 

そこで今回は2019年M-1グランプリ

決勝進出を果たしたミルクボーイに

注目していきたいと思います。

どんなお笑いコンビなのでしょうか。

ミルクボーイのwikiプロフィールや賞レース成績は?

出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/

  • コンビ名:ミルクボーイ
  • 結成:2007年
  • メンバー:駒場孝(こまばたかし)・内海崇(うつみたかし)
  • 所属事務所:吉本興業

 

ボケ担当の駒場孝さんと

ツッコミ担当の内海崇さんの

お笑いコンビ『ミルクボーイ』

 

服を着ていてもわかる

駒場さんのマッチョ感、

そして角刈りが目を引く

内海さんのダブルたかしコンビです。

 

コンビ結成は2007年で

コンビ歴は現在12年と

若手になりますかね。

 

これまでの賞レースでは

  • 2006年 第3回 大学生M-1グランプリ 優勝
  • 2010年 第32回 ABCお笑い新人グランプリ 本戦出場
  • 2012年 第1回 ytv漫才新人賞 決勝6位
  • 2017年 第10回 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2019年 第8回 関西演芸しゃべくり話芸大賞 グランプリ

 

M-1グランプリにおいては

2010年、2016年~2018年に

準々決勝進出。

2019年に決勝進出と、着実に

力をつけてきていることがわかりますな。

 

ただ2010年の準々決勝進出後

お笑いへの熱が冷めてしまったらしく

サボっていたみたいなんです笑

 

2014年あたりから、もう一度

お笑いを真剣に取り組むようになり

2015年からM-1にも出場するように

なっています。

スポンサードリンク

ミルクボーイのコンビ結成のきっかけは?

そんなミルクボーイのお二人

ですがコンビ結成のきっかけは

なんだったのでしょうか。

 

実は二人とも高校時代から

お笑いコンビを組んで

活動をしていたそうです。

 

その時は別々の相方と

コンビを組んでいたのですが

大学に進学した際に二人は出会います。

 

お二人とも大阪芸術大学出身で

落語研究会に所属。

そこで出会った二人は

学園祭の漫才大会でコンビを組み

初舞台を踏みます。

 

その後、2007年に

「baseよしもと」のオーディション

を受けるにあたり正式にコンビを結成。

 

2006年に大学M-1グランプリで

優勝していますし、コンビ結成に関しては

迷いなくって感じがしますね!

 

そして2010年に「baseよしもと」の

メンバーになりました。

スポンサードリンク

ミルクボーイの同期芸人は?

ミルクボーイの初舞台は

2007年のbase吉本なのですが

デビューの経緯が複雑なため

大阪NSC27期生

という扱いになっているそうです。

 

同期の芸人は有名どころだと

  • 学天即
  • GAG少年楽団

その他、

滑舌の悪さで有名な諸見里大介さん

リズムネタで有名な2700のツネさん

などが同期にあたります。

ミルクボーイのネタは面白い?つまらない?

ミルクボーイのネタは主に漫才。

そして「リターン漫才」と呼ばれている

スタイルの漫才が有名です。

 

リターン漫才というのは

ボケの駒場さんが振る

ある”物”の特徴に対して

ツッコミの内海さんが

「(それは)○○やないか。」と肯定。

 

これに対し、駒場さんが

新しい特徴を加えると

内海さんが「ほな、○○ちゃうな」と否定。

このループを繰り返していき

笑いを増幅させていくというスタイル。

 

実際に見てもらえるとわかると思います。

 

ずっと同じやり取りではあるものの

凄い面白いですよね笑

 

そして普通に毒を吐いているのに

共感できる部分もあるから

全く嫌な感じがしませんし。

 

いわゆるテンプレートですよね。

型に、はめるだけで漫才が

出来てしまうという

凄い漫才を発明したな~と思いますね。

 

ネットでも、ミルクボーイの漫才は

面白いと評判で、漫才に関して

つまらないという評判は

ほとんどないですね!

 

ただ、M-1グランプリとなると

同じ展開を嫌う審査員もいますし

どこかで1発、爆発的な笑いがないと

厳しいかな~というのが

個人的な印象です。