はなわ柔道・長男元輝君の高校柔道選手権2018団体戦・個人戦の結果ネタバレ【有吉ゼミ】

こんばんはMATSUです。

2月26日放送の有吉ゼミで

人気企画のはなわ柔道が

放送されますね!

今回放送される内容は

長男元輝くんが出場した

全国高校柔道選手権大会の

佐賀県予選の団体戦。

この予選を勝ち上がると

武道館で行われる全国大会へ

出場することができる

大事な大会になります。

ということで当記事では

高校柔道選手権2018の

団体戦・個人戦の結果ネタバレを

まとめてみました。

スポンサーリンク

塙元輝君の簡単プロフィール

名前:塙元輝(はなわげんき)

生年月日:2000年12月26日

年齢:17歳

出身中学:昭栄中学校

高校:佐賀工業高校

身長:175cm

体重:100kg超

高校柔道選手権大会佐賀県予選に塙元輝君出場!

毎年3月に日本武道館で行われている

全国高等学校柔道選手権大会

この大会の佐賀県予選に

塙元輝君が主将を務める

佐賀工業高校が出場しました。

この大会は

  • 全国高等学校総合体育大会
    (インターハイ)
  • 金鷲旗全国高等学校柔道大会

とならぶ高校柔道の三大大会の1つで

柔道の春高とも呼ばれています。

元輝君は、昨年の2017年大会は

怪我の影響があり出場をしていないため

今回が初めての出場となります。

そして大会が3月にあることから

3年生は出場できません。

つまり現在高校2年生の元輝君にとって

最後の選手権大会になります。

団体戦は無差別で勝ち抜き戦、

個人戦は体重別です。

新人戦では個人・団体と優勝をした

佐賀工業高校、元輝君ですが

選手権大会はどうなったんでしょうか

スポンサードリンク

高校柔道選手権2018団体戦の結果は?

さていきなり結果から

行きたいと思いますが

今回番組で取り上げられる

選手権団体戦の結果ですが

準優勝と悔しい結果になってしまいました。

これにより団体戦で全国大会に出場する事は

出来なくなってしまいました。

決勝の相手はライバル校の佐賀商業で

代表者戦まで、もつれ込む接戦だったようです。

体重は無差別なので

体重のある元輝君にとっては

有利なルールだったのですが、

早くに出番が回ってきて

疲れが溜まってしまったのでしょうかね?

勝ち抜き戦ということもあり

決勝まで出番がなかったというのも

1つ実力が出せなかった要因の

一つかもしれないですね。。。

けど勝ち抜き戦って面白いですよね。

1人で勝ち抜いていって

先鋒対大将なんて試合も

生まれますから。

点取り戦とはまた違う魅力があります。

高校柔道選手権2018個人戦の結果は?

さて、団体戦は準優勝という結果

になり武道館へ行くことは

叶わなかったのですが、

団体戦だけではなく個人戦もあります。

個人戦は体重別で

  • 男子60kg級
  • 男子66kg級
  • 男子73kg級
  • 男子81kg級
  • 男子無差別級

の5階級に分かれています。

ということで佐賀県大会の

個人戦についても調べてみましたら、

結果は無差別級優勝をしていました!

おめでとうございます!

これで個人として武道館で行われる

全国大会への出場が決まっています。

佐賀工業高校は、

5階級全階級で決勝戦まで進み、

そのうち3階級は優勝をしています。

つまり佐賀工業高校からは3人の選手が

全国大会に出場する結果。

残りの2階級の優勝は佐賀商業なので

もう佐賀県は、佐賀工業と佐賀商業の

2トップですね^^

選手権全国大会の結果は?

さて、武道館への切符を勝ち取った元輝君。

3月20日に行われた

高等学校柔道選手権大会の個人戦に

出場したわけなんですが

結果は初戦敗退と悔しい結果に、、、。

県のNO.1が集う全国大会

勝つことはやはり簡単ではないですね。

全国大会に出場すること自体が

凄い事なんですけどね^^

来年は開催時期の都合上

出場は出来ない元輝君ですが

金鷲旗とインターハイがありますので

是非とも頑張ってほしいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は塙元輝君が出場した

選手権大会佐賀県予選の

結果について調べてみました。

団体戦は惜しい結果と

なってしまいましたが

個人戦では無差別級で見事優勝!

3月20日に武道館で行われる

全国大会でどのような結果を残すか

楽しみですね!

【追記】

全国大会では予選敗退という

悔しい結果に。

この悔しさはバネにさらなる飛躍に

期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする