赤阪友昭(写真家)の顔画像や犯行動機と妻や子共は?生後2ヵ月の長男を虐待?

先ほど、大阪市で

生後2ヵ月の長男の頭に暴行し、

大けがをさせたとして、

54歳の父親が逮捕されたという

ニュースが報じられました。

逮捕されたのは

フリーカメラマンの

赤阪友昭(あかさかともあき)容疑者。

今回は赤阪友昭容疑者の

顔画像や犯行動機など

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

先ほど以下のような

ニュースが報じられました。

生後2カ月の長男に重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課は16日、傷害容疑で父親でカメラマンの赤阪友昭容疑者(54)=大阪市福島区鷺洲=を逮捕した。

「事実は全く違う」とだけ話し、黙秘しているという。

逮捕容疑は昨年11月13日夜、自宅で長男の頭部に何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫などのけがをさせた疑い。

同課によると、赤阪容疑者は妻(44)と子供2人の4人暮らし。当時、妻は仮眠中で、同容疑者が長男の面倒を見ていた。同日午後9時ごろ、自ら119番し、病院には「のどに物を詰まらせ、背中をたたいた」などと説明。状況が不自然だったため、医師が虐待を疑い通報した。

長男は命に別条はないが、脳や四肢に障害が残る見込みという。同課が鑑定を依頼した複数の医師は、外部からの強い力が原因と判断。同容疑者が、過去の虐待事件や頭を強く揺さぶられ脳が傷つく「揺さぶられ症候群」について、インターネットで調べた履歴も見つかった。

出典:時事通信社

ネットの検索履歴と

事件があった日の

前後関係はわかりせんが

黙秘しているということは

なにかしらやましいことが

あるとおもってしまいますね。

スポンサードリンク

赤阪友昭(写真家)の顔画像やプロフィール

逮捕された写真家・赤阪友昭さんの

プロフィールがこちら

  • 名前:赤阪友昭(あかさかともあき)
  • 生年月日:1963年
  • 年齢:54歳
  • 出身:大阪府
  • 職業:カメラマン

23歳の時にモンゴルでの遊牧生活

及びアラスカ先住民の村での

暮らしから写真家として

撮影をはじめているそうです。

雑誌『Coyote』などに

写真を掲載するほか、

プラネタリウムの番組制作

国立民族学博物館での特別企画写真展、

国際文化交流イベントなどの

総合プロデュースなど

様々な活動をされています。

現在は、日本各地を訪れ、

山や森の残された原初の信仰、

縄文文化や祭祀を

撮影や取材しているということです。

そんな赤坂容疑者の顔画像がこちら

スポンサードリンク

赤阪友昭(写真家)の妻や子共は?

報道にあるように赤坂容疑者には

44歳の妻と、2人の子供がいます。

長女は4歳で、長男は生後2か月。

第一子も赤坂容疑者が50歳

奥さんが40歳と高齢出産ですね。

第2子も54歳と44歳で

産んでおられるので、

相当苦労して授かった子だと思うのに

どうしてこんなことに

なってしまったのか。

奥さんの詳細な情報は

ありませんでした。

赤阪友昭の犯行動機は?

さて赤阪友昭容疑者の

犯行動機は何だったんでしょうか。

当時は妻は仮眠中で、

赤坂容疑者が長男の面倒を見ており

午後9時ごろ、自ら119番し、病院には

「のどに物を詰まらせ、背中をたたいた」

と説明したと報道されています。

現在、黙秘しているということですが

暴行したということが

事実無根であれば黙秘している

理由がわからないので、

おそらく暴行してしまったんだろうなと。

生後2か月というと、

理由もわからずに泣いて

嫌になるといったことは

あるかと思いますが

それでイライラして

頭を叩いてしまった、

過度に体を揺らしてしまった

といった理由が一番

考えられるのかなと思います。

傷害が残るほどの衝撃で

叩いたという神経が

信じられませんが、、、。

スポンサードリンク

まとめ

長男には脳や四肢に障害が

残る見込みということで

本当にかわいそうです。

今後成長して、

自覚するようになってから

父親の暴行で障害を負った

という事実を知ることに

なりますからね。

生後間もない時は

実家に戻って、育児をする人が

多いと思いますが、

高齢出産となると、

それも難しかったのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする