皆さんこんにちは

また相撲界に事件というか

問題が起きたっぽいですね!

 

元力士の矢作嵐さんが

力士時代に、春日野部屋の兄弟子に

暴力を受けていたという証言を

されたのです。

 

この事件は公になっていないため

隠ぺいなのか?

矢作嵐の証言や事件の時系列など

まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

傷害事件の内容とは?

まず事件の内容ですが

大相撲・春日野部屋に所属していた

元力士が、弟弟子(矢作嵐)の力士の顔を殴り

傷害事件で起訴されています。

 

2016年6月に懲役3年、執行猶予4年

の有罪判決が確定しており

この事件は相撲界から公表はありません。

 

暴行をしたのは2013年に新弟子検査合格した

福岡出身の力士とされています。
(関係者の証言から)

栃玄武という力士と思われます。

 

事件が起こったのは2014年9月で

顔を殴ったり、腹を蹴ったり

したそうです。

 

矢作嵐は暴行を受け

顎を骨折して味覚消失などの

後遺症を負い引退してしまいました。

スポンサードリンク

矢作嵐の証言

矢作嵐さんの証言ですが

 

暴行の内容は

兄弟子からグーパンチで

左頬に1発、右頬に1発

また殴られそうになり手を止めたら

腹に膝蹴り5発

 

という暴行内容。

 

矢作嵐さんは事件があってすぐに、

春日野部屋を出て実家に戻ったそうです。

なので春日野親方は事件を翌々日には把握。

 

その後、春日野親方は

矢作嵐さんの父に電話で

「暴力事件があったみたいで申し訳ございません」

と謝罪。

 

矢作嵐さんに代わり

矢作嵐「もう辞めます」

春日野親方「いいから戻ってこい」

 

また父親に代わり

春日野親方「病院連れていくので帰してください」

 

矢作嵐さんが部屋に戻った後は

違う兄弟子と整体に行かされ

顎をガンと、入れたみたいです。

 

その後は

矢作嵐さん自分で大学病院にいき、

すぐに手術が必要と診断され

緊急手術を受けたそう。

暴行から11日経過した日です。

 

また矢作嵐さんの証言で

「春日野親方は事件の存在を
公表していない」

 

「協会側が全然動かず、

何も調べない状態が続いていて

沈黙の3年間でした」

 

春日野部屋から矢作嵐さんを消して

この事件をなかったことにしようと

していたふうに

矢作嵐さんは捉えたようです。

 

事件の時系列

矢作嵐さんや関係者の証言を

時系列にまとめるとこんな風に

 

2014年2月16日 矢作嵐 春日野部屋に入門
9月5日 兄弟子が矢作嵐を暴行
9月7日 春日野親方が暴行を把握
「すみません」と父親に謝罪
9月25日 矢作嵐引退
10月 兄弟子を刑事告訴
2015年7月 兄弟子引退
2016年1月 春日野親方が
相撲協会理事候補選に初当選
3月 春日野親方 理事・広報部長に就任
6月 兄弟子に懲役3年執行猶予4年の判決

スポンサードリンク

春日野親方は隠ぺいか?

まず親方が、事件を公表していないことは

事実になります。

 

そのことで共同通信からの質問には

「加害者ももう辞めてますから

そもそも公表しなければいけないのか?」

という回答。

 

しかし相撲協会には報告していたようで

相撲協会側は

「春日野より報告されており

理事及び親方として対応に問題はなかった」

と回答されています。

 

春日野親方は協会に報告をしているので

問題視をしなかった相撲協会が隠ぺいしたのか

それとも春日野親方が

問題がないような感じで協会に報告したのか。

 

ただ先ほどの時系列を見ると

どうしても春日野親方が

なんだか怪しいですよね。

 

相撲界には相撲界の世界があるなんて

言われたりもしますが

こうも問題ばかりだと、

やはり見る目が変わってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんどんと相撲界の不祥事が

公になってきていますね。

 

まぁ私は、報道を聞くしかないので

思うことは、

また相撲のジャーナリストの方々の

懐が潤っていくな~ということ笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。