6月4日のクロスロード

相模屋食料社長鳥越淳司(とりごえじゅんじ)さんが出演します。

 

鳥越さんは成熟業界であるとされていた豆腐業界に

新しい風を巻き起こす敏腕社長です。

 

そんな鳥越さんの経歴やプロフィール、

常識を覆した知恵を調べてみました。

目次

1.鳥越淳司のプロフィール(1ページ)
2.鳥越淳司の経歴(1ページ)
3.相模屋入社は奥さんがきっかけ?(2ページ)
4.相模屋の売り上げが伸びた理由(2ページ)

スポンサーリンク

鳥越淳司のプロフィール

torigoejunji

名前:鳥越淳司(とりごえじゅんじ)

生年月日:1973年9月15日(2016年6月 42歳)

出身地:京都府

血液型:A型

職業:相模屋食料 社長

 

相模屋食料は

資本金8000万円、売上高178億円、従業員数295名の企業で

国内販売シェア日本一の豆腐メーカーです。

焼いておいしい絹厚揚げザクとうふ一人鍋シリーズなど

受賞歴のある商品を数々製造している会社です。

今までの豆腐の常識を破る豆腐を作る

唯一と言っていい企業でもあります。

 

そんな相模原食料の社長が鳥越さんなのです^^

 

 

鳥越淳司の経歴

高校生の時、広い世界を知りたくなり

東京にある早稲田大学商学部に進学しました。

 

1996年 早稲田大学商学部卒業後 雪印乳業入社

雪印乳業は食品業界で上位の企業です。

そこに入社できるってスゴイですよね。

私はメーカーへの就職は難しいと勝手ながら思っています。

 

しかし雪印で営業職をやっているときの2000年に

『雪印集団食中毒事件』が起きてしまったんですね。

認定者数14,780人の、戦後最大の集団食中毒事件

被害者の症状は比較的軽いものであったのですが

入院した被害者の方もいたそうです。

 

当時鳥越さんは毎日、被害者の方のお宅を訪ね

土下座することを繰り返していたそうです。

 

この事件がきっかけで

雪印に勤めていることを誇りに思っていた鳥越さんは初めて

『自分が誇っていいことなど、元々なかったんだ』

『人から与えられた立場や役職を誇ってはいけない』

と気づいたそうです。

 

 

2002年 雪印乳業退社後 相模屋食料入社

入社後は、まず現場を知るために

朝、暗いうちから工場に入って、豆腐を寄せ

豆乳の温度、豆腐のすくい方などを研究したそうです。

 

そして2005年、豆腐業界の常識を覆す提案をしました。

(下記参照)

 

2007年 代表取締役 就任

豆腐業界の革新や奥様のお父様が相模屋の社長という

理由もあってか入社5年で代表取締役に就任しています。

 

そして代表になってからもザクとうふなど

様々なアイデア商品を生み出しています

入社のキッカケや売上向上の理由は次ページ