12月26日放送の世界ナゼそこに日本人

異国の地で“とんでもない状況”に巻き込まれた日本人!2hSPです。

 

今回の放送には

在ペルー日本大使公邸占拠事件

実際の人質となり死の淵に立ったにも関わらず、

今もその地で暮らし続ける日本人男性に密着したそうです。

 

そこで今回は在ペルー日本大使公邸人質事件について

真実、真相や、事前に突入が知らされていなかった日本人人質が

なぜ全員助かったのか調べてみました。

スポンサーリンク

在ペルー日本大使公邸占拠事件の概要

peru


別名、在ペルー日本大使公邸人質事件

1996年の12月17日にペルーの首都リマで起こりました

 

リマにある日本大使公邸に

左翼ゲリラ「トゥパク・アマル革命運動(MRTA)」が襲撃し

立てこもったのです。

 

MRTAは人質の命と引き換えに

「服役中の仲間の釈放」や「身代金」など計4つの要求を提示しました。

 

事件の日、日本大使公邸では

青木盛久駐ペルー日本国特命全権大使をホストとして、

天皇誕生日祝賀レセプションが行われていて

出席者約600人が人質となりました。

 

しかし、MRTAは少数の人質確保を目的としていたため

(MRTAは14人だったため、おそらく600人を見きれないから)

徐々に人質を解放し、

ペルー政府高官や日本大使館員、日本企業ペルー駐在員など

合わせて72人が最後までの人質となりました

(うち日本人24名)

 

事件発生から127日

1997年4月22日に軍、警察の特殊部隊が公邸に突入

4か月の長きにわたる事件に終止符が打たれました。

 

人質のペルー人1人と特殊部隊2人、テロリスト14名の

計17名が亡くなり

日本人24人を含む71名の人質は

重軽症を負った人々もいましたが、命は無事でした。


 

建物を占拠され、人質もたくさんいたのにもかかわらず

最小限と言ってもいいくらいの被害で事件が終息し

特殊部隊は凄いなと思いましたね。

 

 

突入と救出の準備

これだけ少ない被害で抑えられたのは

特殊部隊の準備に他ならないと思います。

ではどんなことをしていたのか、見てみましょう。

 

人質の中にいた元海軍と連絡

まずはじめに、

建物には食糧や飲み物など

生活に必要な物資は赤十字を通じ届けられていました。

 

そこで人質の中にいた元ペルー海軍提督ジャンピエトリ氏

こう思ったそうです。

「部隊は公邸内にマイクを紛れさせ盗聴を始めるだろう」

救援物資のどこかに盗聴マイクが仕掛けられていると考えたのです。

 

そこでジャンピエトリ氏は

「私はジャンピエトリだ。

私の声が聞こえているならポケベルに連絡をください」

とあらゆる支援物資に話しかけたそうです。

 

しばらくするとポケベルに部隊からメッセージが届き、

以降、ジャンピエトリ氏が内部の情報を外部に知らせていました。

 

公邸内部と同じ間取りのセットを作り実演

事件から1か月程経った頃

ペルーのフジモリ大統領は

 

事件が膠着状況になったことによる

  • 国内外からの批判が高まり
  • 内政の不安定

を嫌いました。

 

ペルーの警察は、フジモリ大統領の意を受け武力突入計画の立案を始めました。

警察は、密かに大使公邸と同じ間取りのセットを造り、

特殊部隊が突入するシミュレーションを重ねていたのです。

 

そして1月7日

ペルー警察は人質奪還のため

外部の民家から公邸に向かって密かにトンネル掘りを開始

トンネルからの突入を計画していたのです。

 

その内容は

公邸の真下までトンネルを掘り、床下を爆破させるというもの。

問題は1階の人質を、どうやって2階に上げるかでした。

 

またトンネル堀りの音が公邸内部に聞こえていると報告され

騒音を隠すために、公邸の正面にスピーカーを置き

大音量で軍歌を流し続けるなどのカモフラージュ作戦も行いました。

(やはり鍵になっていたのは、人質元海軍との交信)

 

しかしトンネル掘り作業がテレビや新聞によって報じられ

テロリストに知られてしまったのです。

テロリストはトンネルが人質を逃がすものだと考え

1階の人質を2階に移したのです。

(テロリストの半分がトンネルで脱走経験があったためという説)

 

これで1階の人質を、どうやって2階に上げるか?

という問題は解決されたのでした。

なぜ日本人は全員助かった?は次ページ