溝口塁生(みぞぐちるいき)の自己ベストタイムは?

さて全日本中学予選では10.84というタイムで、決勝では10.94という記録で優勝を果たした溝口塁生くんの自己ベストタイムですが、おそらく

公認記録だと100mは10.83秒だと思われます。

https://twitter.com/ruiki314/status/761883507056521216

2015年5月の時の自己ベストは11.10だったので、しっかりと記録を伸ばしていますね!

まだまだ15歳ですし、これからもっと伸びていくことを考えるととても楽しみです^^

ちなみにケンブリッジ飛鳥さんは中学から陸上を始め、高校2年の時に100mが10秒台に突入したということで、過去のケンブリッジ飛鳥さんより速いということにはなりますね~、まぁこれからが重要なんですけどね!

スポンサードリンク

東京五輪で代表になれる?ライバルは?

現在15歳ということで、東京五輪の時は19歳の大学生。たしかに期待できますね!

しかしもちろんライバルもたくさんいて、現日本代表の人はもちろん

二つ上の代には100mの中学記録10.56秒という記録を持っている宮本大輔くんや

すでに東京五輪の候補選手にもなっているサニブラウン選手などライバルはたくさんいます!本当にこれから次第ですね。

 

まとめ

今回は現在の日本最速中学生である溝口塁生くんについて調べてみました。

あまり触れませんでしたが、イケメンですし高身長ですし…スペックが高いww

そして競技終了後のインタビューでは家族や顧問の先生などにしっかりと感謝をしていますし、是非とも東京五輪で活躍してもらいたいですね!

まだまだこれからではありますが、今後の活躍にも期待したいですね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。