5月16日(月)の有吉ゼミ

イケメンバレエダンサー宮尾俊太郎さんが出演します。

 

今回は結婚できない男前芸能人として出演するようで

宮尾俊太郎の現在の彼女や経歴について

気になったので調べてみました。皆さん一緒に見ていきましょう。

目次

1.宮尾俊太郎のプロフィール(1ページ)
2.宮尾俊太郎のバレエ経歴(1ページ)
3.宮尾俊太郎の元彼女は北川?(2ページ)
4.宮尾俊太郎は結婚できない?(2ページ)

スポンサーリンク

宮尾俊太郎のプロフィール

miyaosyuntaro

名前:宮尾俊太郎(みやおしゅんたろう)

生年月日:1984年2月27日生まれ(2016年現在 32歳)

出身:北海道札幌市

身長:184cm

職業:バレエダンサー,タレント

2008年から2010年の間には、アナザースカイで司会も務めております。

さらにドラマや映画にも出ていて、

俳優業への進出の陰には、他人と違うことが好きな性格に加え、

「バレエを広めたい」という純粋な思いもあったそうです。

このころは怪我をしていて、バレエが出来ないので、

テレビ活動を行っていたそうです。

 

また184cmと背が大きいですが

これはバレエにおいて、とても有利だと思います。

ダイナミックな表現が出来ますし

日本人はバレエの本場のロシア人やヨーロッパ人と比べて

 

背が低いですから、同じ舞台でも対等に渡り合える要素があるのは

とても有利だと思います。

 

宮尾俊太郎のバレエ経歴

14歳でバレエを始め、17歳でフランスに留学

2004年 宮尾さんが20歳の時に熊川哲也さん率いる「Kバレエカンパニー」に入団

2007年9月 ソリストに昇格

2009年9月 ファースト・ソリストに昇格

2012年10月 プリンシパル・ソリストに昇格

2015年12月 プリンシパルに昇格

 

お父様が音楽教師で、その影響受けてかバイオリンなどの

習い事をしていたのですが、14歳の頃

テレビCMで見た熊川哲也さんのアクロバティックな踊りに衝撃を受け、

バレエに興味を持ったそうです。

 

Kバレエカンパニーに属する人の多くが

10歳より前にバレエを始めているのに対して、

宮尾さんは14歳とかなり遅いスタートですね。

 

留学から帰国後1年弱の間、海外での就職が上手くいかず、

進路に迷っていたそうですが

「自分にはバレエしかない」という強い思いから

久富先生という熊川さんを指導していた人のスクールに入ります。

 

実はこれ宮尾さんにとってのターニングポイントであり

熊川さんに紹介してくれたのは久富先生らしいです。

久富先生の下を訪ねていなかったら今の宮尾さんはいないでしょう。

宮尾俊太郎の元彼女は北川?次ページへ!