みなさんこんばんは!

マツコの知らない世界って

取り扱われる業界各所から

絶対感謝されてますよね^^

 

さて1月30日放送の

マツコの知らない世界

日本茶の世界

 

日本に13人しかいない

茶師十段位の小林裕さんが

日本茶の魅力を紹介してくれますな。

 

ということで今回は

小林裕さんの経歴や年収、

茶師の仕事内容について

調べたいと思います。

目次
1.小林裕の経歴・プロフィール
2.小林裕は日本に13人しかいない茶師十段位
3.小林裕・茶師の仕事内容は?
4.小林裕の年収は?

スポンサーリンク

小林裕の経歴・プロフィール

出典https://www.youtube.com/

名前:小林裕(こばやしひろし)

生年月日:1975年

年齢:42,43歳

出身地:京都府

職業:茶師

会社:祥玉園製茶 代表取締役

 

小林さんは180年もの歴史を持つ

老舗お茶屋さん「祥玉園」の次男。

 

次男ですがお父様の小林幹さんと

一緒に代表取締役を務めています。

 

そんな小林さんが茶師になろうと

思ったのは1995年20歳の時で

福岡県八女の製茶農園

修業をしに行ったそうです。

 

1年目は製茶、二年目は仕入れを

担当したそうですよ。

 

自分の家の茶畑もあったでしょうに

福岡の八女まで修行というのは

玉露の三大産地で学べということですかね

 

その後24歳の時に京都に戻り

単独で仕入れを担当したりと

茶師として経験を積んでいったそうです。

スポンサードリンク

小林裕は日本に13人しかいない茶師十段位!

そんな小林さんですが、かなり凄い人で

日本に13人しかいない

茶審査技術十段位(最高位)

という称号を保持しています。

 

茶師十段というものは

年に1度開催される

全国茶審査技術競技大会において

  • お茶の品種を当てたり
  • お茶を飲んで産地を当てたり

などの知識や技術を競い

優秀な成績を収めた人が授与されるもの。

 

日本に13人しかいない

ということだけで、とても困難な事が

想像できますよね!

 

さらに小林さんは茶師十段だけではなく

2010年に日本茶鑑定士

資格もとっています。

 

日本茶鑑定士は、

競技会の上位入賞者かつ

5段以上の段位を持つ人を対象に、

2年以上の研修を経て与えられる資格

みたいですな。(日本で39人くらい)

 

まさにお茶の世界の

未来を担っている人なんですね。

スポンサードリンク

小林裕・茶師の仕事内容は?

そもそも茶師って馴染みがないのですが、

どういった仕事内容なのでしょう。

 

小林さんいわく茶師というのは

簡単に言うと「お茶ソムリエ」

 

良質な茶葉を選定して

それを合組することによって

最良の茶葉をつくりだすこと。

 

選定とは、使われるお客さんが

どういった味を求めているか、

イメージしながらお茶を選ぶこと。

 

合組というのは、

お茶とお茶とのブレンド。

組み合わせながら

味や香りなどの調和を取り

美味しいお茶を作っていくこと。

 

おいしいって思うのは

人それぞれ違いますし

1つの正解がないので

想像力というか感覚というものが

優れていないと難しそうですね!

 

それに年によって

お茶の出来も変わりますし

そうなるとまた選定・合組も

変えていかないとですし

大変な仕事ですな!

スポンサードリンク

小林裕の年収は?

さてでは小林さんの年収について。

 

小林さんが代表取締役を務める

祥玉園製茶株式会社は

宇治茶の製造・販売をしていて

平成28年度の売上高は

1億7664万2000円

 

従業員は驚くことに

正社員4人とアルバイト3人

(平均年齢は35歳)

初年度の月給20万でボーナス2回

 

これらの情報からだいたい

正社員の年収は500~600万くらいですかね?

 

その3倍くらいは貰っていると思うので

年収はだいたい1500万くらいでは

ないでしょうかね?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は茶師十段位の小林裕さん

について調べてみました。

 

色々なお茶があるなかで、

選定・合組をしてまた新しいお茶に。

お茶って奥が深いんですね!

 

普段何気なく飲んでるお茶も

茶師さんが作っているという

裏の部分も知れてよかった!

最後まで読んでいただきありがとうございました。