皆さんこんばんは!

なんでここに、こんな落し物が?

というような落し物を見たことが

ある人は沢山いるかと思います。

 

普通なら、落し物に対して

あまり疑問には思いませんが

それを追求する人がいるんですね!

 

さて2月6日放送の

マツコの知らない世界

世界で唯一の片手袋研究家

石井公二さんが出演します。

 

片手袋の落とされた

背景などを研究しているそうですが

そんな石井公二さん気になりますよね

 

ということで今回は石井さんの

職業や写真を集める理由など

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

石井公二のプロフィール

出典http://katatebukuro.com/profile.html

名前:石井公二(いしいこうじ)

生年月日:1980年10月

年齢:37歳

出身地:東京

出身大学:玉川大学文学部芸術学科

 

片手袋研究家の石井公二さん

片手袋を研究して、すでに

13年の月日が経っていて

4000枚以上の片手袋の写真を撮っています

 

道端に落ちている片手袋を

写真に収める人は世界的に見たら

多少はいますが、

 

片手袋の写真を撮るだけではなく

分類し研究している人は

おそらく石井さんただ一人。

出典http://katatebukuro.com/studies/studies.html

 

こんな感じに分類されていて

「いつ、だれが、なぜ」というように

その片手袋の背景を研究している。

スポンサードリンク

石井公二の職業(仕事)や収入は?

片手袋研究家とはいっても

他に仕事はしているんだろうなと

 

さすがに片手袋研究家だけでは

食べていけないよなと思い

調べてみましたら、

 

詳細なことは分からなかったのですが

普段は、お堅い職業で

土日出勤の月曜休み

の仕事をされているみたい。

 

といろいろ調べていたら

飲食業界に勤めているようです。

築地に仕入れに行ったりしているので

海鮮系の飲食店でしょうかね!

 

もちろん片手袋研究家として

作品制作やメディア出演、原稿執筆

などもしています。

 

飲食業の収入がメイン

片手袋の収入はまだ、そんなにでしょうね。

 

片手袋の研究に関しては正直なところ、

「何やってんだこの人」と少し

笑ってしまうような研究なんですが

 

ここまで深く研究しているというのは

逆に凄いといいますか。

バカに出来ないといいますか。

 

研究もそうですが、作品制作など

アート的な一面もあり

芸術寄りな感じです。

スポンサードリンク

なぜ集めるのか理由は?

そもそも、なぜ集めるのか

そして分類、研究するのか、

動機がとても気になりますよね!

 

どうやら

楽しさが目的ではないそうです。

もちろん楽しさもあるそうですが

これといった目的がないみたい。

 

しかし研究や発信を始めた経緯

というのは明確で

 

もともと片手袋を好きになったのは

小学生1年生の頃で

ウクライナの絵本『てぶくろ』を読んでから。

 

その後、超芸術トマソンという

芸術概念を発見した赤瀬川さん

に出会い、片手袋を研究するように。

 

赤瀬川さんというのは、

トマソンを自分だけのものにせず

周りに提示したといいます。

 

つまり、石井さんも

ただ落ちているだけの片手袋には

背景があり、物語があり

こういう見方があるよ、というのを

周りに提示しているから

ではないかなと思います。

 

作品制作や執筆活動をするのは

ある種、他人の承認欲求

なんかもあるかもしれないですね。

スポンサードリンク

石井公二の結婚・妻は?

さて、現在37歳の石井さん

結婚しているのかなと

疑問に思い調べましたら

 

結婚はされているようですね!

 

石井さんのこと最初は

片手袋研究しかしてない人

だと思っていたので

結婚してないだろと思っていましたが

 

本業は別にあったので

普通に結婚してました。

 

そして小学生の

お子さんがいるみたいです。

 

25歳の時には結婚してた

ということになりますね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

片手袋研究家の石井公二さんに

ついて今回は調べてみました。

 

何気なく落ちている片手袋の

背景やら物語を研究と

独特な世界観ではありますが

もはや芸術のようですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。