みなさんこんばんは!

2020年オリンピックに向け問題はあれど

着々と準備が行われておりますな^^

 

さて1月4日放送の

奇跡体験!アンビリバボー2018 新春3時間SP!

では1964年に開催された東京オリンピックを

陰で支えていた人たちがフューチャーされ、

その中の一人、国旗の準備に奔走した

吹浦忠正(ふきうらただまさ)さんが出演しますね!

 

当時大学生20歳だった吹浦さんが

国旗を作る大役を任されたのは何故なのか。。

気になったので吹浦さんを調べてみました^^

スポンサーリンク

吹浦忠正の大学などwiki風プロフ

出典http://blog.canpan.info/fukiura/

名前:吹浦忠正(ふきうらただまさ)

生年月日:1941年3月17日

年齢:76歳

出身地:秋田県秋田市

大学:早稲田大学政経学部政治学科卒
同大学院修了

 

吹浦さんと国旗の出会いは小学4年生の時

世界地図に載っている複数の国旗を眺め

「どうして北ヨーロッパの国々の国旗は
似ているのだろう?」

と疑問に思った事がきっかけだったそう。

 

先生に聞いても、先生もわからないから

国語や算数を勉強しなさいと逃げたと笑

国旗の意味なんて、一般常識ではないですし

専門に勉強してないとわからないですわな!

 

大人になってからでも

「ヨーロッパの国旗にはどうして星がないのだろう?」

など小学4年に戻る時もあるみたいですよ^^

スポンサードリンク

なぜ吹浦忠正が出場国の国旗を作る大役を任された?

まずオリンピックでの国旗に関することで

 

オリンピック憲章では、

“各国旗は同じサイズにすること”との規定があるが、

国旗の形はさまざまで、無理にサイズを

合わせようとするとバランスが崩れてしまう。

また、国旗にはその国の

民族の誇りが象徴されているため、

細心の注意を払う必要があった。

出典http://www.fujitv.co.jp/unb/

 

当時吹浦さんは早稲田大学に通う学生で20歳。

なんで学生であった吹浦さんが

出場国の国旗を作る大役を任されたのか

疑問ですよね!

 

でもその答えは至ってシンプルで

当時、国旗を研究している人なんて

吹浦さんの他に、ほとんどいなかったから。

国旗研究の第一人者!!

 

当時すでに、国旗に関する本も

2冊出版していたこともあり

外務省や日本赤十字社、日本ユネスコ協会連盟

などに照会したら名前が挙がったみたい。

 

それにしても20歳にこの大役を

任させるなんてすごいですな!

最年少職員だったそうですよ!

 

つまり当時は

昼の大学に通いながら、昼のお仕事も

していたということになるな!

ちなみに月給は8000円だったそう。。。

スポンサードリンク

吹浦忠正の経歴と現在の職業は?

そんな吹浦さんですが経歴が華やか!

 

大学生時代に国旗担当専門職員として働き

これまでに

  • 国際赤十字バングラデシュ・ベトナム各駐在代表
  • 末次一郎事務所長
  • 難民を助ける会副会長
  • 長野冬季五輪組織委式典担当顧問
  • 埼玉県立大教授
  • 東京財団常務理事
  • Japan Echo(国連公用語での発信事業)理事

などを歴任。

 

現在は

  • 評論家
  • ユーラシア21研究所理事長
  • 拓殖大学客員教授
  • 難民を助ける会特別顧問
  • 社会福祉法人さぽうと21理事長
  • 法務省難民審査参与員
  • 東京コミュニティカレッジ理事
  • 協力隊を育てる会参与

 

なんかよくわからず、

華やかなんて言ってしまいましたが

いろいろやってますな^^

 

非営利団体の理事なんかが多いので

職業は評論家や拓殖大学客員教授

って感じですかね^^

スポンサードリンク

吹浦忠正の妻は?結婚してる?

調べてみると、結婚はしているみたいです。

吹浦さんのブログに書いてありましたが

いつ結婚したのか、子供がいるのかは

わかりませんでした。

 

ブログなどの外に向かっては愚妻と言い

家庭内では、敬愛なるわが妻

なんて書き込みも^^

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は国旗研究の第一人者である

吹浦忠正さんについて調べてみました。

 

調べるに当たり、吹浦さんが国旗の話をしている

動画なども見たのですが、興味深い話でした^^

 

国旗には、その国の歴史などが反映されていて

「国際理解の第一歩としての国旗」

このような考え方で国旗を学ぶ人が増えることを

吹浦さんは願っていましたよ。

では最期に当記事をまとめますと

  • 吹浦忠正がアンビリ―バボーに出演
  • 国旗作りの大役を任されたのは、
    当時国旗を研究している人が少なかったから
  • 職業は評論家、大学客員教授で
    非営利団体の理事も多数
  • 結婚はしているが