ダリウスマッカラムは病気なの?

さて先ほど、初めて逮捕されたときまでの話を簡単にお話ししましたが、

これまで30回も電車やバスの窃盗やジャックで逮捕をされているんですよね。

 

これを聞くとやはり、ダリウスさんは何かの病気なのではないかと疑ってしまいますが、

実際にアスペルガー症候群、今でいうと自閉症スペクトラム障害という発達障害であると診断されています。

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。

出典https://h-navi.jp/column/article/35025728

 

ただ幸いなことに、この限定された行動、反復行動がある、という特徴のおかげなのか

30回も逮捕される間、無事故で運転していたということです。

しかし免許は持っていないので無免許運転

人生の半分(計23年間という記述あり)を塀の中で過ごしています。

逮捕されてもなお繰り返してしまい、電車やバスのジャックを止めることは出来なかったそうです。

 

これは私が思った事ですが、やはり

30回すべてが変装などのなりすましではないと思いますが、それでもMTAの内部には

ダリウスさんの運転を助けてる人がいるんではないかな?

じゃなければセキュリティがユルユル過ぎますよね笑

スポンサードリンク

治療法は?どうすれば治るのか?

ではどうすればダリウスさんは助かるんでしょうね?

 

ダリウスさんは塀の中のインタビューでこう語っています。

「I can’t seem to get myself out of this on my own」

「私は自分自身でこれを取り出すことはできないだろう。」

つまり電車に乗りたいという気持ちは抑えられないということですよね。

 

またダリウスさんは負のサイクルに陥っていて、

逮捕され、その後刑務所から解放されるときは仮釈放の身。

仮釈放だとニューヨークを出られないんですよね。さらに逮捕という傷がついていることで就職も出来ない。

その結果、うつ状態になり電車やバスの窃盗、ジャックで心を安堵させる。

そしてまた逮捕されるというサイクルに。

 

従業員よりも電車のことを理解しているダリウスさん。

一時はニューヨークの交通局に雇ってもらうのがいいという話もあったそうですが

過去の逮捕歴から、雇うことは拒否されるという。

塀の中にいても治療法がないのでどうすればいいのか、、、という状態なんだそうです。

これは辛いですよね><

スポンサードリンク

まとめ

今回は、逮捕歴30回以上のバスジャック男性、ダリウス・マッカラムさんについて調べてみました。

とても難しい問題ですよね。ある種、電車中毒に近い感じだと思いますがなんせ前例がないですからね。薬物などであればノウハウや施設がありますがね。

 

また今まで無事故で済んでいたましたが、最近事故を起こし負傷者を出してしまったという情報もありました。

こうなってくると、なにかしらの解決策が欲しいですね。

苦手な英語を訳しているので読みにくかったかもしれませんが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【追記】

マッカラムさんは今では超有名人。映画になるなんて話もあるみたいですね。