高野孝子の今現在も冒険家?

そんな高野さんの今現在の活動ですが、今では冒険はされていないみたいです。

現在はNPO法人ECOPLUSの代表早稲田大学留学センターの教授などを務めています。

ECOPLUSは、自然、異文化、地域社会をテーマとした体験や学びを重視しています。「自然環境で自己を試し、生命のつながりを感じること」「異文化や地域社会で新たなもの異なるものを理解し、尊重する姿勢を培うこと」を目的としています。

出典http://www.ecoplus.jp/

 

高野さんは、旅が好きで冒険に行くというのではなく、その場所の自然と密接して暮らしている人から何を学べるか?という理由で冒険をする女性冒険家で

また高野さんにとっては冒険をして終わりではなく、その体験をシェアすることが一番の大事なんだそうです。

つまりエコプラスは高野さんの理想とする団体という感じですね^^

 

経験は財産なんてよく言われますが高野さんの場合、

その財産を与えている活動をされているわけですから本当に素晴らしい方だなと思いますよね^^

スポンサードリンク

高野孝子は結婚して旦那や子供はいる?

さて続いてはちょっとパーソナルな部分で

高野さんは結婚はしているのかな?と気になりました。

 

調べてみると、エコプラスの理事を務める大前純一さんが配偶者のようです。

朝日新聞社を1976年に入社し25年。2001年8月に朝日新聞社を退社。

現在はグローバルメディア研究所代表取締役

特定非営利活動法人ECOPLUS事務局長を務めていらっしゃいますね^^

 

馴れ初めや子供についての情報はありませんでしたが

京都大学を卒業してすぐに朝日新聞社に入社しているので高野さんの姉さん女房になりますね!

スポンサードリンク

高野孝子の年収は?

あれだけの経歴を持ち、死と隣り合わせで冒険をしてきた高野さんですが

年収はどれほどなのでしょう?考えてみます。

 

現在はエコプラスの代表早稲田の教授の収入、また名古屋大学の研究員としての収入があるかなと思います。

HPO法人のエコプラスについてはそのような収入体系になっているかよくわかりませんが

早稲田大学教授の方は平均で考えると、およそ年収は1200~1300万円

私がいた大学は、どれだけ授業のコマを持つかよって給料が変わってくる感じでしたので

他の大学もそうじゃないかな?とは思います。

 

また大学研究員の平均年収はおよそ300万、多くて500万くらいだそう。

つまり高野さんの大学関連での年収はおよそですが1500万円くらいではないかな?

この他にもエコプラスの代表であったり他の活動も含めたら2000万は行ってるんじゃないかなと思いますね^^

【関連記事】
荻田泰永(北極冒険家)の収入源や妻は?大学や経歴などのプロフィールも!【クレイジージャーニー】

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、北極冒険家の高野孝子さんについて調べてみました。

 

高野さんは死と隣り合わせの冒険を数々してきた女性であり、

その体験をシェアするために教育団体を立ち上げたりと素晴らしい方でしたね^^

ここまでアグレッシブに生きている人はなかなかいないんじゃないでしょうか?

今後の活動も注目ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!